カテゴリ: ゲーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

           

    『Dying: 1983』や『DYING: Reborn』を手掛けた中国の開発スタジオNEKCOM Gamesによる新作RPG『昭和米国物語(Showa American Story)』が発表された。プラットフォームはPS4/PS5/PC。


    舞台は昭和66年のアメリカで、強大な経済力を手にした日本の文化的植民地となっている。言うまでもなく架空の設定だが、日本経済がピークを迎えていた昭和末期、多くのアメリカ人が恐れていたような実態がもしも本当に起きていれば、というような設定と言えるだろう。鯉のぼりや招き猫に地蔵、それからラムネのような飲み物といった日本的な要素で彩られたアメリカ。自由の女神が着物を身に纏ってしまう「if」の世界線は日本人にとっても感慨深いものがありそうだ。


    だが、本作はそんな世界設定を真面目に描くというよりも、B級映画のような雰囲気だ。この世界には10年ほど前からゾンビや化け物が登場するようにもなり、ロードムービーのような形式でゾンビやヤクザと戦うことになるようだ。

    主人公となるのは千草蝶子という18才の少女で、アクション映画のスタントマンだ。彼女は妹と共にかつてロスアンゼルスとして知られていた新横浜にやってきて、オーディションを受ける予定だった。だが、そこで謎のエージェントに殺され、妹も行方不明となった。奇跡的に死から復活した蝶子は復讐を誓い、真実を求めて旅に出るというのがストーリーの始まりだ。


    アクションも多彩で、トレーラーではスラッシュアクションさながらのスピード感で日本刀や蹴りによる近接アクションを見ているかと思えば、次の瞬間は機関銃やショットガンをぶっ放している。戦闘以外のゲームプレイも豊富で、蝶子が広大な世界をバイクや徒歩で移動し、住んでいるキャンピングカーで食事やトレーニングなどをしてステータスを強化することもできる模様。


    ゲーム内音声はすべて日本語で、主題歌には大事MANブラザーズバンドの「それが大事」が採用されている。日本と80年代の文化を愛する中国人クリエイターの独特な感性が光るタイトルとなりそうだ。 『昭和米国物語(Showa American Story』はPS4/PS5/PC向けに発売予定。
    クラベ・エスラ




    日本の文化的植民地となった昭和66年のアメリカを描く中国産ゲーム『昭和米国物語』が発表!(IGN JAPAN) - Yahoo!ニュース




    【海外の反応1】

    ・日本の「文化」侵略後のアメリカを舞台にしたポストアポカリプスゲームというだけでも面白いのに、さらに面白いのは、中国のゲームスタジオが作っていることだ。


    【海外の反応2】

    ・世界で最も輸出されている2つの文化を融合させたのか。


    【海外の反応3】

    ・私が見たビリビリ動画のコメントのトップは、『アメリカ人は自虐的になり、日本人は幸せになる。誰も傷つかない世界が実現した』というものだったよ。




    【海外の反応4】

    ・ああ、悪名高いあのプールだ。本当に開発者は文化人のようだね。




    【海外の反応5】

    ・日本とアメリカの融合という設定だし、ハイテク機器を持って走り回る子供たちや、赤い鎧を着た親切なヘルスケアロボットが見れるんだろ?楽しみ。




    【海外の反応6】

    ・こういうゲームに象徴的な要素が混ざっているのを見るのはとても楽しい


    【海外の反応7】

    ・早くこのゲームの続きが見たい。興味がある。気になるんだ。




    【海外の反応8】

    ・映像を最初から最後まで夢中になって見てしまった。


    【海外の反応9】

    ・これはアイデアのフィーバードリームですね。目を離せない。



    【海外の反応10】


    正直言ってカッコイイ。


    【海外の反応11】

    これは本当にクールで風変わりだと思う。No More Heroesのような雰囲気がある。


    【海外の反応12】

    ・このゲームは、ロリポップチェーンソー、デッドライジング、DAYSGONEを思い出させるね。



    【海外の反応13】

    ・戸惑いと同時に興味をそそられる。



    【海外の反応14】

    ・『もしデッドライジングをニーア開発者が作ったとしたら』


    【海外の反応15】

    ・歴史上最も象徴的なプール。



    【海外の反応16】

    マイケル・ベイとクエンティン・タランティーノがコラボして何か作ったみたいだな🥰🔥💫。

    メタルウルフカオス
    フロム・ソフトウェア
    2004-12-22



    高い城の男
    フィリップ・K・ディック
    早川書房
    2012-11-30








      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

            


    Behaviour Interactiveは、非対称型対戦ホラーアクション『Dead by Daylight』にて「リング」とコラボする新チャプターを2022年3月に配信すると発表しました。ホラーの金字塔とコラボ!


    「リング」は1991年に出版された鈴木光司氏の小説で、1998年には映画化され、ホラーの金字塔としての地位を確立。2022年3月に配信される新チャプターで、本作とコラボする事が明らかになりました。公開されたトレイラーでは貞子の井戸と思われるものを確認できます。


    『Dead by Daylight』の「リング」コラボチャプターは2022年3月に配信予定です。


     来るぞ!『Dead by Daylight』×「リング」コラボチャプターが2022年3月に配信(Game Spark) - Yahoo!ニュース



    【海外の反応1】

    ・とても予想外のコラボだったから興奮してる。


    【海外の反応2】

    ・アメリカ版でなく日本版を使用しているのが良いね。とても楽しみ。



    【海外の反応3】

    ・リングは常に私を恐怖に陥れるトップである。この作品を楽しみにしてる。


    【海外の反応4】

    ・予想外の完璧なサプライズ。これには興奮した。

    前章のようにリークされて楽しみを台無しにされることがないのが嬉しい。

    【海外の反応5】

    ・「リング」がDBDに登場するとは思ってもいなかったので、より一層嬉しい。
      


    【海外の反応6】

    ・よし、これは楽しみだ。ホラー映画の殺人鬼の中で唯一、完全に私を恐怖に陥れる存在。


    【海外の反応7】

    ・いやー、本当に予想外。彼女は最も恐ろしいキラーの一人になりそうだ。彼女の森のステージはどうするんだろう?🤔


    【海外の反応8】

    私:プレデターがコラボとして発表されることを期待する

    Dbd: ザ・リングを発表

    私「これだよこれ」

    【海外の反応9】

    ・スピリットの衣装だけかと思いきや、日本オリジナルのリングもか。



    【海外の反応10】

    ・このライセンスでゲーム化されるとは思ってもみなかったので、正直ショック。また日本人キラーが出てくるのは嬉しい。
    マップも出るといいな。


    【海外の反応11】

    ・待ち遠しい🙏🔥🔥。


    【海外の反応12】

    これは楽しみですね。
    DbDの貞子の能力・スキルについて、日本の小説を踏襲するのか、映画を踏襲するのかは分かりませんがどうなるやら。
    小説はSF的な側面があり、映画はホラー的な側面が強いので...。

    【海外の反応13】

    デッドバイデイライトチーム
     「試合がすぐに終わってしまうと思っているそこのあなた。キラーが人を殺す前に7日間ずっと追いかける必要がある、新しいリングとのコラボをご紹介しますね」

    【海外の反応14】

    ・これはかっこいい!殺人鬼が来るかどうかではなく、殺人鬼がいつ来るか、という段階に来ている気がしますね。


    【海外の反応15】

    ・ジャパニーズホラーが大好きなので、これはすごい。

    伊藤潤二の作品も追加してほしい。




    以上翻訳元 Dead by Daylight | Ringu | Announcement Trailer - YouTube

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


          

    映画『Sonic the Hedgehog 2 The Movie(原題)』の新しい予告編が、先日の予告どおり「The Game Awards 2021」で発表された。日本公開も決定しており、邦題は『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』となる。公式サイトも新作仕様になった。


    前作『ソニック・ザ・ムービー』の活躍後、「超音速のハリネズミ」ことソニック・ザ・ヘッジホッグは、友人と釣りを楽しむなど平和な日々を送っていた。ところが、倒したはずのドクター・ロボトニックが再び世界に破滅をもたらそうとしている。平和を守るため、ソニックは世界中を走り回る。

    ソニックの相棒であるキツネのテイルスもトレーラーに登場。ソニックとテイルスが飛行機に乗って敵地に向かうシーンが収められていた。やや不安そうなテイルスと自信満々のソニックの対比がおもしろい。

    また、赤いハリモグラのナックルズもトレーラーに登場している。ソニックと戦うシーンが収められており、ナックルズはドクター・ロボトニックの協力者としてソニックと対峙することになりそうだ。


    『『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』』は2022年4月8日に全米公開予定。日本公開は2022年夏を予定している。日本語吹き替えはソニックを中川大志、ドクター・ロボトニックを山寺宏一がそれぞれ続投。ナックルズについては明らかになっていない。


    ソニックとナックルズの対決シーンを収録!映画『ソニック・ザ・ムービー』続編の新予告編が公開 日本公開は2022年夏(IGN JAPAN) - Yahoo!ニュース







    【海外の反応1】

    これはとても楽しみ。



    【海外の反応2】

    シアトルのダウンタウンに住んでいた者として言わせてもらうが、パトカーのサイレンの音がとても正確。



    【海外の反応3】

    ・ナックルズの声の素晴らしさがたまらん。威圧的で、自信に満ち溢れていて、まさに悪者。



    【海外の反応4】

    ・今までのやり方で貫き通せば、とても成功したフランチャイズになると思うよ。




    【海外の反応5】

    ・イドリス・エルバはナックルズの声に合っているね。この映画は1作目よりも良いものになると確信してる。




    【海外の反応6】

    ・ナックルズの戦闘力は9000以上だ!!!(ドラゴンボールネタ)


    【海外の反応7】

    パラマウントピクチャーズよ。あなた方を誇りに思う。 これこそが人々が望んでいるものだ。前作の批判から調整してこのような作品を作ることができたのは賞賛に値する。




    【海外の反応8】

    ・ゲームの映画化でみんなが盛り上がれるのはとてもいいことだ。番組は良い方向に向かっているよ。


    【海外の反応9】

    この予告編のすべてが完璧。この続編は明らかに1作目よりも良いものになるでしょうね。ナックルズもテイルスも、この予告編では格別に素晴らしく見えるわ。



    【海外の反応10】

    ・これはクレイジーだな......これが本当に良いものであることを期待しよう。





    【海外の反応11】

    ナックルズがソニックを止めるだけでなく、2、3歩前に出てから叩き潰すところが好き。



    【海外の反応12】

    ・これは3作目でスーパーソニックが見られるということだと思うけど、シャドウも出て欲しいですね。


    【海外の反応13】

    何百万人もの人々が「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の実写映画の続編を楽しみにしている今の状況を想像してみてください(特にビデオゲームの映画化ということで)

    このようなことが起こるとは思ってもみませんでした。90年代の10年前の私なら、このことに腹を立てていたでしょう。この予告編を見る限り、この映画にどれだけの愛情が注がれているか、とても嬉しいです。




    【海外の反応14】

    ・オリジナル(この場合は原作)に忠実で、ストーリーのある部分を改善しながら、物事を大きくする。これこそ続編に必要なもの全てなんだ。


    【海外の反応15】

    ナックルズ役のイドリス・エルバは完璧なキャスティングだと思うわ。ソニックXでナックルズの声を担当したダン・グリーンにそっくり。




    【海外の反応16】

    これは、前作よりも優れた続編の一つになりそうですね。 私は4月にとても期待しています。 映画館で見るのが待ち遠しいです。  ナックルズは最高です。









    以上翻訳元 Sonic the Hedgehog 2 (2022) - "Official Trailer" - Paramount Pictures - YouTube


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
                    
    永井豪氏原作のテレビアニメ『UFOロボ グレンダイザー』のビデオゲーム化した『UFO Robot Grendizer』を発表し、あわせてティザートレーラーとイラスト2点を発表した。発売は2023年。


     対象プラットフォームはPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC。

     アニメ『UFOロボ グレンダイザー』は、1975年から1977年にかけて放送されたロボットアニメ。『マジンガーZ"』、『グレートマジンガー』と同じ世界観の「マジンガー」シリーズの第3作目となる。


     マジンガーZの搭乗者、兜甲児(かぶと・こうじ)は未確認飛行物体の正体を探ろうとすると、突然、攻撃を受ける。その窮地を救ったのは宇門大介(うもん・だいすけ)という青年だった。宇宙科学局長の息子として生活を送っている宇門大介だが、その正体はベガ星人に滅ぼされたフリード星の王子、デューク・フリードだった。


     ベガ星人はひそかに月の裏側に基地を作り、地球の征服を計画している。第二の故郷を守るため、宇門大介/デューク・フリードは封印していたUFOロボ・グレンダイザーを発進させ、ベガ星人と戦うことを決意する。


     このアニメは、スーパーロボットものに本格的なSFドラマとして好評を博し、特にイタリアやフランスでは絶大な人気を誇った。  今回のゲーム化を発表したMicroidsは、フランスに拠点を置くパブリッシャーで、開発もフランスに拠点を置くEndroadが担当する。


     なおどのようなゲームになるのかは明らかにされておらず、公開されたティザートレーラーは、UFOロボ・グレンダイザーが暗闇の中からシルエットとして現れるものとなっている。近日中にゲームプレイ映像を公開するという。


     いったいどのようなゲームになっているのか。続報に期待したい。

    MicroidsのCEOステファン・ロンジャール氏のコメント: グレンダイザー ゲームの最初の画像を皆さんにお見せできることを嬉しく思います。Endroad は才気溢れるゲームデベロッパーで、永井豪の創り出した世界をビデオゲーム上で忠実に再現してくれるものと、我々も全面的に信頼しています。近日中に、最初のゲームプレイ映像を公開する予定です。


    Endroadのゲームディレクター兼共同設立者コロンバン・シセロン氏のコメント: ここ数ヶ月、グレンダイザーのゲーム開発に特に熱を入れて取り組んでいます。ファンのため、そしてまだ宇門大介とその仲間を知らない皆さんのためにも、高品質のゲームを作りたいと思っています。グレンダイザーは、世の注目を集めるにふさわしい豊かな世界です。Endroad では社員一同がグレンダイザーに対する強い思い入れを持っており、世界中のゲーマーが何十年来待ち望んでいたゲームを必ず我々が提供するとの決意を強くしています。グレンダイザーを蘇らせるということは、我々にとってまさにチャンスであり、歴史に残るアドベンチャーゲームを製作するために弊社のあらゆる経験を注入しています。

    永井豪氏のアニメ『UFOロボ グレンダイザー』のゲーム化が発表。フランスの開発スタジオが手がけ、2023年に発売予定(電ファミニコゲーマー) - Yahoo!ニュース



    【海外の反応1】


    このゲームが終わったら、"ダブルハーケン!""スペースサンダー!"と叫んで喉と肺を痛めつけてやる。



    【海外の反応2】

    2023年になってもゲームが発売されないのは、やっつけ仕事で作ってない証拠だと思ってる。




    【海外の反応3】

    ・最早、スーパーロボットは文化だ。



    【海外の反応4】

    ゲームプレイトレーラーが待ち遠しいですね。😱🖤


    【海外の反応5】

    グレンダイザーがイタリアに上陸した1978年、私は5歳だった。もしこのゲームがTVシリーズを反映したものであれば(後に出たOAVのリメイクではなく)、またビデオゲームを始める時が来るかもしれん。


    【海外の反応6】

    ・グレンダイザーは素晴らしいアニメなんだ。70年代のアニメを見たことがない人は.... このシリーズをチェックしてみてよ。または漫画を読んでくれ。




    【海外の反応7】

    これをプレイするのを楽しみにしてる。


    【海外の反応8】

    ・イエエエエエエエス ブラボー!


    【海外の反応9】

    こんな日が来るとは思わなかった!!!!!



    【海外の反応10】

    ・最初は
    別のファンが作ったフェイク動画だと思った。ウェブサイトの方をチェックしたら、、、.... いや、まじかよ!!!ってなったわ


    【海外の反応11】

    このゲームだけは駄作にするなよ?

    【海外の反応12】

    こんにちは、私はレバノンから来ました。 UFOグランダイザーの音楽のイントロにDuke Fleedのアラビア語の声とSami Clarkのレバノン人歌手の声を入れることを希望です。
     それだけで中東ではビッグヒットになるでしょうね。



    【海外の反応13】

    ファンの皆さん、今回は本物ですか?💔😔😞

    【海外の反応14】

    実機でのプレイを待ってる。ノスタルジーだけに頼らず、全ての面で完璧なゲームにしてほしい。


    【海外の反応15】

    ・イェーッス!!!


    お願いだから、マジンガーZとグレートマジンガーは必ずゲームに入れてね。


    【海外の反応16】

    ・グレンダイザー GOOOOOOOOOOO!




    【海外の反応17】

    ゆっくりでいいから、とにかく、ゆっくり作っていいから、ただただ、いいゲームにして。

    【海外の反応18】

    日本語ボイス希望。




    以上翻訳元 Teaser Goldorak / Goldrake / Grendizer Video Game | Microids & Endroad - YouTube

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            dc6484e162e887de689037ae442704eb_640px

    インターネット上の一部で「Kawaii is a slur(Kawaiiは差別用語だ)」との主張が生まれたことに対し、原宿系クリエーター・紅林大空(30)が、Kawaiiは差別用語ではないと説明する動画をインスタグラムなどで公開した。紅林はよろず~ニュースの取材に対し、Kawaiiカルチャーは国籍や人種に関係なく「リスペクトさえあれば誰でも楽しむ権利がある」と語った。黒人女性が日本のアニメキャラクターのコスプレをした自身の姿を「Kawaii」の文字を添えて動画サイト・TikTokへ投稿したことが論争のきっかけとなった。女性の元には「日本の文化を外国人が使うなんて許せない」「黒人がKawaiiを使ってわが物顔をするな」などと攻撃的なコメントが寄せられたと紅林は説明。これにより、日本人以外が日本発祥の「Kawaii」という言葉やそのカルチャーを実践することは”文化の盗用”になるとして「Kawaii is a slur(Kawaiiは差別用語だ)」と、「Kawaii」の使用をタブー視する動きが発生した。海外のイベントなどに出席し、世界へKawaiiカルチャーを発信してきた紅林は「Kawaii文化は日本の文化といっても歴史が浅い。ここ20年くらいで急に浸透した文化なので、それを誰かが定義できるものではないし、半分以上は世界のみんなと一緒に作ってきたようなものなんです」と話し、「これは文化の盗用ではない」と意見を述べた。 紅林によると、当該動画を投稿したKawaiiインフルエンサーのアカウントは”荒らし”によって通報され、TikTokから利用を停止された。「これによって多くの人たちは、中傷した荒らしの人たちの認識が正しいと受け取りました。今回、一番大きな事件はTikTok側がKawaiiのSlur化を認めたということです」。中傷の背景には人種差別があるとし、攻撃する人たちの中にはKawaiiカルチャーを理解しないまま”文化の盗用”を語る人もいるとした。紅林は「あまりよく知らない人たちが、Kawaiiを理解できていないところに問題があった」と考え、「Kawaiiを仕事にしていて、海外でもたくさん仕事をさせてもらって交流もある人が『誰でも使っていいんだよ』と説明するべきだと思って」と、日本人のKawaiiインフルエンサーとして声明を出した。「Kawaiiカルチャーは日本人も外国人も、どんな誰であろうが関係なく、いつでも初心者参加歓迎な文化で、リスペクトさえあれば誰でも楽しむ権利がある」と訴えた。(よろず~ニュース・今井 佳奈)

            90dc93817d10a815bfd8b957cf11905f_640px



    「Kawaiiは差別用語」に原宿系クリエーターが世界へ反論「誰でも使っていい」/サブカル系/芸能/デイリースポーツ online (daily.co.jp)



    【海外の反応1】

    女王様のお言葉です!!💜💕🌸! あの子がアカウントを回復できることを願っています。



    【海外の反応2】

    いじめっ子に対抗してくれてありがとうございます。💯Kawaiiはみんなのもの!!🥰🙏🌈✨💖💖。



    【海外の反応3】

    ・人々は自分たちのものではない文化に門戸を開くのはやめるべきだ。誰もがその文化を評価することができるが、もし彼らがその文化に属した人でなければその文化の善し悪しについて本来なら何も言うことはできないはず。





    【海外の反応4】

    ・文化的流用と文化的鑑賞は違う。Kawaiiは中傷ではなく、彼女が鑑賞している文化の名前。Kawaiiは超広まった文化で、みんなのためのものだよ。



    【海外の反応5】

    ・Kawaii文化はみんなのもの!とおっしゃっていました。💗 私はそれが文化盗用だとは思わない。あなたのような参考になる人がこのことについて話すことが本当に重要ね🤩。



    【海外の反応6】

    ・私はKawaiiコミュニティでこのようなことが起こっていることを知りませんでしたが、それについて発言してくれてありがとうございます!私は子供の頃からKawaii文化を知っていましたが、いつも世界中の人々が参加しているのを見ていました!アジア、ヨーロッパ、アメリカ、ラテンアメリカ、あらゆる色、性別など!とても歓迎されていることに感謝しています。




    【海外の反応7】

    ・「Kawaiiとは、自分の好きなことを好きなように表現してる、また誰かのそれを受け入れること」←昔くれちゃんがインタビューで答えていた言葉で、私が今の今までずっと大切にしている言葉💖。
    言えることはただ一つ
    💖🌈Kawaiiはみんなのもの💖🌈。





    【海外の反応8】

    ・Kawaiiが一つの人種のものだと思っている人は、その言葉の意味を知らないと思う。




    【海外の反応9】

    ・私は18歳からこのコミュニティに参加していますが多くの黒人女性にとって、Kawaii、ゲーム、アニメなどの文化に参加するだけでコミュニティから取り残されたり、いじめられたり嫌がらせを受けたりすることがありますよね。積極的に異文化に興味を持っているのに、意地悪をされると参加したいと思うのは難しいですよね。私は、Kawaii黒人女性のために声を上げ、サポートしてくれたことに感謝したいと思います。本当にありがとうございます。💖🌸



    【海外の反応10】

    ・異文化から来ているという理由で他の人が服を着れないようにしている人々がいる。しかし、彼らの多くは、私たちがそれを受け入れるのはその美しさを認めるという事実のためであることを理解していない。それは悪いことではありません。ファッションは楽しいものであるべきだし自分が心地よいと思う方法で服を着ればいい。その上、もしあなたがそのファッションやヘアスタイルの背景を知っているならそれは良いことではないでしょうか。そこにあるルックを探求することで、他の文化について自分自身を教育することができるのだから。正直なところ、ここ数年のインターネットのあり方にはうんざりしている。大企業や有名な人、そして一般の人にも影響を与えています。







    【海外の反応11】

    ・彼女のアカウントにそんなことをした人たちは、アジア人だけにKawaiiと思って欲しいだけだと思います...そんな風に考えるのは完全に間違っているし嫌なことですよね...Kawaiiというのは、自分や他人、物を表現するただの言葉として誰でも使うことができます。誰でもKawaii文化の一部になることができます!🥺💗「アジア人ではないからそれをしてもいい」というタイプの文化ではなく、文字通りアジア人は、アジア人以外の人が自分たちの文化を尊重し、研究して着飾ることを常に好ましいと思っています。このビデオのおかげでみんながこのビデオの意味を理解してくれたことを願っています。このビデオでは、物事を調べて様々な種類の意味について学ぶことがいかに重要かを説明しています。





    【海外の反応12】

    ・生まれつきではない文化を受け入れることは悪いことじゃないのに。そうやって学び、より良い人間に成長していくのですから



    【海外の反応13】

    ・Kawaiiの意味を知らずにKawaiiは中傷だと言っている人を見るととても悲しい気持ちになるよ。



    【海外の反応14】

    ・いじめられっ子に立ち向かうための言葉をありがとう。




    【海外の反応15】

    ・ただ単に「cute」という意味では?私には中傷には聞こえませんが。




    【海外の反応16】

    実際の日本人が彼女の事を報告したり、Kawaiiを使ってはいけないと言っていないことは保証できる。なんでこんなことになってるんだろう







    以上翻訳元 https://www.instagram.com/p/CUfIv9sBdSd/



    偏見や差別はなぜ起こる?
    ちとせプレス
    2018-08-03


    レイシズム (講談社学術文庫)
    ルース・ベネディクト
    講談社
    2020-04-09




     

    このページのトップヘ