カテゴリ: ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            _w850 (7)


    元・内閣総理大臣の安倍晋三氏が10月19日、YouTubeチャンネル「あべ晋三チャンネル」を開設しました。  

    開設と同時に「【公式】チャンネル開設にあたって」と題した動画が公開され、コロナ禍の選挙戦を前に「今までのやり方を変えなければいけません」「やはりSNSを活用しなければならない」と考えた旨が語られました。  


    あくまで政治活動を目的としたチャンネルのようですが、Twitterでは一般的なユーチューバーのような活動を望む声も上がっています。


               
           










    【海外の反応1】

    ABEFLIX(アベフリックス)



    【海外の反応2】

    最近、日本の政治を見ていない。

    右翼はまだ、安倍首相が日本を破壊しようとしている韓国の秘密工作員だと思っているのか?安倍首相が韓国人の血を引いているという、ネトウヨのおかしな陰謀論を読んだことがあるんだが。



    【海外の反応3】

    ・安倍首相は、日本のリチャード・ニクソンのようだ。



    【海外の反応4】

    ・来週は、妻・昭恵さんの世界各地でのワインテイスティングの様子をご紹介します。ぜひチャンネルにご登録ください。



    【海外の反応5】

    ・今、彼は健康なのにこんなことをしているのか?何の冗談だ?




    【海外の反応6】

    ・もし、安倍首相がおもちゃを紹介するチャンネルを始めることにして、ペッパピッグのおもちゃで遊んだり、声を出してみたりする寸劇をやっていたら、とても素晴らしいと思う。
    それを見てみたいと思いました。





    【海外の反応7】

    ・日本がなぜネット上での侮辱行為を懲役刑で罰することに熱心なのか、その理由がわかった気がする。




    【海外の反応8】

    ・ピカチュウの帽子をかぶってくれれば、チャンネル登録します。



    【海外の反応9】

    ・彼のタイミングは素晴らしい。彼は誰よりも長生きするでしょうね。



    【海外の反応10】

    ・一瞬、浅田真央ちゃんかと思った、似てるね。

    いずれにしても、誰が気にするのか?お腹が痛くなって、ライブ配信の途中でセットを降りるのかな?




    【海外の反応11】

    ・マリオのスーツを着たまま、犬を膝に乗せてお茶を飲んでほしい。登録してフォローするから。




    【海外の反応12】

    ・Patreon
    、TIK TOK、Only Fansもやらないかな?

    全国民がソーシャルメディア安部を待っていたのではないでしょうか!!!






    以上翻訳元 Former Prime Minister Abe becomes YouTuber - Japan Today





    新しい国へ  美しい国へ 完全版
    安倍 晋三
    文藝春秋
    2013-03-15


    安倍晋三秘録
    石橋文登
    飛鳥新社
    2020-11-05




     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            bullying-4378156_960_720

    法務省によると、日本ではネット上の侮辱行為に対する罰則を強化するため、懲役刑を導入する計画が今週、諮問委員会によって承認された。

    ネット上での侮辱行為に関する最近の話題としては、プロレスラーでNetflixの人気リアリティ番組「テラスハウス」に出演していた木村花さんが2020年5月に亡くなった事件が挙げられます。22歳の彼女は、ソーシャルメディア上で憎悪に満ちたメッセージの嵐を受けた後、自殺したようです。

    木村さんを侮辱したとして、大阪府と福井県の男性2人にそれぞれ9,000円の罰金が科せられましたが、「罰則が軽すぎる」との懸念の声が上がっています。

    現在、侮辱罪の罰則は30日以下の拘留または1万円以下の罰金となっています。今回の改正案では、1年以下の懲役と30万円以下の罰金が導入されます。

    また、法務省は、侮辱罪の時効を1年から3年に延長する予定です。

    また、逃亡の恐れがあると判断された場合、保釈中の被告人にGPS装置の装着を義務付ける刑事訴訟法の改正についても議論されました。法務省によると、提言は同日、古川善久法務大臣に提出されました。

    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が日本を脱出した後、保釈中の容疑者に対する措置が問題となりました。カルロス・ゴーン元会長は、2019年に裁判を待つ間、日本からレバノンに逃亡しました。このほか、神奈川県や大阪府でも事件が相次いでいる。

    個人の位置情報を追跡することは、プライバシーを侵害するのではないかという懸念がある一方で、GPS機器には、長時間の拘束が不要になるという利点もあります。

    海外への逃亡を防ぐことだけを目的とした今回の案では、空港や港などに「立ち入り禁止区域」を設定する。立ち入り禁止区域への無許可の立ち入りやGPS装置の取り外しは、1年以下の懲役に処される。










    【海外の反応1】

    ・侮辱の定義が問題になりそう


    【海外の反応2】

    私はメンタルヘルスが優先されるべきだと思う。しかし、この法案にはもっと大きな意味がありそう。きっと、反ワクチンや反政府的な感情も含まれているでしょうね。皆さんが新しい独裁者の悪口を言うことはできなくなる。何が起こるか見届けましょう。


    【海外の反応3】

    ・もしこれが法律になったら、日本政府はここに日本を侮辱するような投稿ばかりしている個々の投稿者を告発できるようになるんだろうか?あるいは、それを許したJapanToday自身はどうなるんだ?もちろん、この提案の目的は、ネット上でのいじめや虚偽の情報の投稿などによって深刻な被害を受けた日本の人々のためかもしれない。しかし、この「可能性」があることは分かってるはずだ。それは悪いことではないのか笑



    【海外の反応4】

    ・残念ながらこの政策全体は、実際に必要な変化に焦点を当てるのではなく、会話の一方を検閲するための言い訳として使われることになりそう。まず誰が話題になっているか、次に何が語られたかによるね。ネット上で罵倒されても仕方がない人がいることを知っているからさ。


    【海外の反応5】

    ・ネット上で人に嫌がらせをするほどの負け犬がいるなら、何をされても当然だと思うがね。




    【海外の反応6】

    ・日本は中国化している。今ここで自民党を批判すると、刑務所行きになりますよ。




    【海外の反応7】

    ・薄っぺらな負け犬の泣き虫になることを「違法」にするのはどうなんだろう?


    リアリティ番組に出演することを選んだ人に「ゴミだから死ね」と言うのと、行方不明の子供の母親に「娘を殺した」と言うのとでは、大きな違いがある。


    前者はあまり良いものではなく悪趣味だが、後者にはこの法律が使われるべきところだな。



    【海外の反応8】

    ・ああ、これは良い結果になりそうだ......



    【海外の反応9】

    ・見てよかった。
    この根性なしで顔なしのキーボードイジメの最初の一人目が投獄されれば、素晴らしい日になるぞ。いい動きだよ、日本。



    【海外の反応10】

    ・>1年の懲役と30万円以下の罰金に引き上げます。

    まだまだ足りないだろ。弁護士費用すら賄えないじゃんw




    【海外の反応11】

    ・憎悪に満ちた言論こそ憎むべきものである。
    最も極端なケースを除いてこれは解決策ではないね。




    【海外の反応12】

    ・検閲への道は険しいですね。でもサイト側にも責任があるはずです。





    【海外の反応13】

    ・この法律が可決されれば、すべての人に平等に適用されることになる。これは興味深いことだ。ネット上で習氏や文氏を侮辱した日本のネット民は責任を問われるかも。中国や韓国の大使館が告発すれば、日本国民は刑務所に入ることになる。その中には自民党の国会議員も含まれているかもしれない。



    【海外の反応14】

    ・このような制限的な手段の難しさは、それがどのように適用されるかまたその解釈を任された人を信用できるかということです。


    私たちの権利や自由が制限されるとき、それは常に最善の理由であったり、一時的なものであったりしますが私たちの自由は徐々に消えていきます。


    一時的な措置の典型的な例として、第一次世界大戦中、一時的な戦争措置としてイギリスのパブの営業時間を規制し厳しく制限されました。最近になって営業時間がより自由になったとはいえ、規制自体はその理由とされていたものが終わってから100年以上経った今でも残っています。

    一時的な所得税に至っては、200年以上経った今でも実施されているのですから。


    このように、政治家が一時的な問題に対処するために望むことには注意が必要なんです。その「解決策」は決して消えない可能性があるという事です。




    【海外の反応15】

    ・これは国民やジャーナリスト、メディア企業の批判から政治家を守るために特別に作られた法律のようだね。


    【海外の反応16】

    ・落ち着いてくのだ、自由の戦士たちよ。
    いつものように日本をバッシングしたからといって、
    刑務所に入るわけではない。

    これはネットいじめに関するもので、個人を標的にしたものでもあるんだ。この種の法律は、日本だけでなく世界中でもっと一般的になるだろう。








    以上翻訳元 Japan seeks to make online insults punishable by jail time - Japan Today


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            coronavirus-4914026_960_720



    東京都が金曜日に発表したコロナウイルスの新規感染者数は26名で、木曜日から10名、先週の金曜日から31名減少しました。

    また、東京都内で重篤な症状で入院した感染者数は、木曜日から3名減の21名となりました。全国的には217人で、木曜日から43人減少しました。

    全国で報告された患者数は325人でした。大阪府が51人と最も多く、次いで愛知県(36人)、東京都、兵庫県(26人)、神奈川県(24人)、埼玉県(17人)、北海道(15人)、群馬県(15人)、沖縄県(14人)となっています。

    全国で報告されたコロナウイルス関連の死亡者数は12名でした。










    【海外の反応1】

    ブリリアントジョブ東京



    【海外の反応2】

    このまま続けて欲しいですね。11月中旬に東京に旅行に行かなければならないので、中止にならないように切実にお願いします。



    【海外の反応3】

    ・うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
    これはまるでリンボーのようだ。どこまで下がるんだよ! もうすぐ一桁になって、0になるんじゃないか。



    【海外の反応4】

    ・終わった。お疲れ様!❤️。



    【海外の反応5】

    ・パンデミックの間、日本は住むのに最適な場所でした。義務化やロックダウンはなく、住民は慎重でありながらも可能な限り経済を回し続けました。




    【海外の反応6】

    ・一桁はいつ?




    【海外の反応7】

    ・相変わらず日本を最大限に褒めている人もいるが(本当になんなんだ!?)
    PCR検査を行ったという報告はない。発症した人の報告もない(いないのかも)。


    このような状況にもかかわらず、このまま数値が下がり続ければ、私たちは長い間待ち望んでいた冬休みを楽しむことができるだろうね。



    ┗この26という数字は5627例の結果、つまり陽性率0.46%に基づいている。検査の数が少なすぎると文句を言っている人たちは、何%まで検査をしたいのか。0.1?0.01? WHOは、3~12%の陽性率が十分な検査の目安だとしているのにもかかわらずね。


    検査のソース: https://catalog.data.metro.tokyo.lg.jp/dataset/t000010d0000000086

    WHO推奨: https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/transcripts/who-audio-emergencies-coronavirus-press-conference-full-30mar2020.pdf


    【海外の反応8】

    ・よくやった、日本、その調子だ。
    選挙後の数字が気になるところだが、期待しよう。



    【海外の反応9】

    ・周りに人がいなくても外でマスクをする。
    車の中では一人でもマスクをする...。
    それが成功の秘訣さ。


    【海外の反応10】

    ・検査センターや病院は、政府から許可された数少ない検査を行う権利をめぐって、今頃は争っていることだろうね。

    あるいは、ただのジャンケンかも。





    【海外の反応11】

    ・8月には50%だった陽性率が、今日は0.46%になった。うん、100%信じられる。




    【海外の反応12】

    ・感染症や予防接種による集団免疫が期待される中、低い数値で良かった。日本を襲ったコロナの亜種は、欧米のメディアが主張しているよりも、高齢者や肥満ではない人の死亡率がはるかに低いことが死亡例からわかる。


    この1年半の間、日本にいたことは本当に幸運だった。危険という大げさな表現を信じなかった私たちは、ほぼ通常通りの生活を続けている。今こそコロナと共に生きる時であり、願わくば、世界が「専門家」やメディアによる恐怖を煽る人々を信じるのを止めて欲しいと思う。


    【海外の反応13】

    ・急に数字が下がる?



    【海外の反応14】

    ・いつの間にかゼロに?




    【海外の反応15】

    ・睡眠時にはすべての開口部に二重のマスクをしてる。なぜなら、何が広がるかわからないからね。



    【海外の反応16】

    この1年半の間、日本にいられたことは本当に幸運でした。

    思い出させてくれてありがとう。









    以上翻訳元 Tokyo reports 26 coronavirus cases; nationwide tally 325 - Japan Today


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            _w850 (6)


    きのう、熊本県の阿蘇山が噴火しました。気象庁は今後も同じ規模の噴火が起きるおそれがあるとして、警戒を呼びかけています。  

    「やばっ、やばいやばい。きよるぞ、これ」

     気象庁によりますと、きのう午前11時43分に阿蘇中岳の第一火口で中規模な噴火が発生し、噴煙が火口から3500メートルの高さまで上がりました。  

    この噴火で火砕流"が火口から西の方向1.3キロの場所まで流れ、また、大きな噴石が南側900メートルまで飛散したことが確認されました。  

    気象庁は噴火警戒レベルを入山規制の「3」に引き上げ、2キロの範囲には決して入らないよう警戒を呼びかけています。熊本県によりますと、今回の噴火による人的被害は確認されていないということです。(21日00:04)

    阿蘇山噴火 今後も同規模噴火のおそれ(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース








    【海外の反応1】

    非阿蘇居住者「オーマイガー!!なんという大惨事だ!! 熊本のために祈りましょう!」


    熊本県阿蘇市の住民「おお...ついに噴火したか。景色を楽しむのもいいけど、仕事に戻ろうよ。」


    阿蘇の人にとっては、アイスランドで火山の噴火を見ているアイスランド人のようなものでだ。



    【海外の反応2】

    次は富士山ですね。



    【海外の反応3】

    ・人類史上最強の地震(チリ)の余波で、津波だけでなく地震が火山を誘発してしまったようだ。



    【海外の反応4】

    ・ひどいニュースだね。皆さん、ご安全に。
    日本はいつになったら自然の恵みを受けられるのだろう?しばらくの間だけでも良いんだが。



    【海外の反応5】

    ・1964年に阿蘇を訪れた際、ケーブルカーでカルデラを越えることができましたが、噴火時には特に危険な場所だったはず。今でも同じような乗り物が運行されているのでしょうか?



    ┗・2009年に阿蘇山を訪れた際、噴火で破壊されたケーブルカーの跡を見た記憶があるんだけどあれがそうだったのかも。

    今、気になって調べてみると、その時に乗った代替のケーブルカーも噴火で壊れてしまったようだね。




    【海外の反応6】

    ・ステイホーム案件




    【海外の反応7】

    ・この程度の噴火は、地元の人たちにとっては何でもないことです。また、火口付近の阿蘇山はすでに観光客の立ち入りが禁止されています。



    ┗・同意する部分もあるけど、噴火は "何でもない "ことではないよ。地元の人たちが大変な思いをしているのは、火山灰が降ってくるからだ。阿蘇は農業が盛んで、牛や魚の養殖が行われている。また、阿蘇山の経済を支えているのは観光なんだ。地元以外の人が阿蘇山のことを心配すれば、離れていってしまうだろうね。


    【海外の反応8】

    眠れる巨人の覚醒。自然は自然のままに行動しているだけなのだ。



    【海外の反応9】

    ・母なる自然が突然、冬眠から目覚め、震え、あちこちの火山から煙を吐き出しているようだ。世界規模の災害の予兆だろうか?



    【海外の反応10】

    ・山には16人のハイカーがいたと報道されていますが、現在は全員の無事が確認されています。




    【海外の反応11】

    ・日本には100以上の活火山がある。そのうちの1つが今日噴火した。大きな驚きではないよ。




    【海外の反応12】

    ・阿蘇山はよく噴火しますね。前にも数年前の2015年か2016年に起きました。



    【海外の反応13】

    ・個人的にはこれを災害とは呼ばない。幸いなことに、実際の被害もない。どちらかというと自然現象だろ。

    私たちが生きている間に、富士山が噴火するかもしれないがそれこそ最悪の事態だ。500年に一度くらいかな



    【海外の反応14】

    ・政府がまた私たちにマスクをするよう頼むかもしれんなー




    【海外の反応15】

    2005年くらいに仲間と山頂にハイキングに行ったときに煙が出ていたた。その時、下にあるレンジャーステーションがスピーカーで皆に下山するように叫び、私たちは必死になって戻ったが、大した噴火じゃなかったので危険は無かった。確か、山頂付近にはコンクリート製のバンカーが設置されていて、必要に応じてハイカーが避難できるようになっていたはずだ。


    【海外の反応16】

    火山多すぎ問題! :D









    以上翻訳元 Mount Aso volcano erupts - Japan Today


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
     
          
            _w850 (3)


    ポール・マッカートニーが、ザ・ビートルズの解散について振り返った。彼は、2021年10月23日に全編が放送される英BBC Radio 4シリーズ『This Cultural Life』のエピソードで、バンドの解散を決定づけたのが誰だったのかということについて事実関係を明らかにしている。  英紙ガーディアンでプレビューされたインタビューの一部でポールは、「分裂を引き起こしたのは僕じゃない。あれは我らがジョニーだった。ある日部屋に入ってきたジョンが、“僕はビートルズを去るよ”って言ったんだ。それって分裂を引き起こしているよね、違うかい?」と語っている。彼はまた、「これは僕のバンドで、仕事で、人生だったのだから、続いてほしかったよ」と当時の心情を明かしている。  人生で“最も困難な時期”だったいう当時を振り返りながらポールは、故ジョン・レノンの決断のあと、自身と残されたメンバーのリンゴ・スター故ジョージ・ハリスンは“困難な事態を収拾するしかなかった”と語っている。さらに、マネージャーのアレン・クラインがビジネス上の取引が成立するまで黙っているよう彼らに勧告したため、解散をめぐって混乱が生じてしまったと説明している。  ポールは、「だから数か月の間(問題がない)フリをしなければならなかった。僕らは皆ビートルズがおしまいだって知ってたのに、ただ背を向けるわけにもいかなかったし変な感じだった」と振り返っている。結果的にそんな状況に嫌気がさしたポールが、秘密を漏らした。「その頃、ちょっとしたミーティングばかりしてて最悪だった。僕たちの本質とは真逆だった。僕らはミュージシャンだったんだよ、ミーティングをする人じゃない」と彼は語っている。  ポールは1970年にビートルズを告訴したが、これは“信用できない”クラインにコントロールさせないためだったと説明している。「僕は戦わなければならなくて、戦うには他のビートルズ・メンバーも告訴しなければならなかった。クラインと同調していたからだ。何年も経ってから彼らは僕に礼を言ってきたよ」と彼は語っている。  ジョンが去る決断をしていなければ、バンドは続いていただろうとポールは考えており、「要はジョンがヨーコと新しい人生を作ろうとしていたってことだよ。ジョンはずっと社会から自由になりたがっていたんだ、ほら、抑圧的だったミミおばさんに育てられたから。自由になるきっかけをずっと探していたんだ」と語りつつも、オノ・ヨーコに責任があったとは思っておらず、「彼らは最高のカップルだったよ。(二人の関係には)巨大な強さがあった」と述べている。


    ポール・マッカートニー、ザ・ビートルズ解散のきっかけは故ジョン・レノンの発言だったと語る(Billboard JAPAN) - Yahoo!ニュース




    【海外の反応1】

    誰に責任があるのかは、もはや重要ではないだろ。

    50年以上前のことだ....Let it Be.



    【海外の反応2】

    レノンとオノはタバコを吸っていたと言われている。そのせいで二人はグループの枠内で演奏することができなかった。



    【海外の反応3】

    ・彼には良いことだと思う。

    いまだに同じ古い方式で焼き直しているAC/DCを見てみろ。




    【海外の反応4】

    ・オノ・ヨーコがビートルズを解散させたんだ。彼女はジョンを他のメンバーと共有したくなかったと聞いた。

    私はビートルズをよく知っていたわけではないが、今ではマージー・ビート※と呼ばれている広い音楽シーンに彼らはいた。彼らは小さなクラブやパブ、バーで演奏してた。レノンと同じアートスクールに通っていたんだが個人的に彼らと会ったことはない。後にマネージャーと知り合いになっただけだがいいミュージシャンやバンドがをたくさんみた。

    私はどちらかというとローリング・ストーンズに夢中だった。


    ※マージー・ビート・・・50年代後半のイギリスにおけるスキッフル・ブーム以降、リバプールで活動していたビート・グループがビートルズの成功で注目を集め、ブームになったもの。リバプールがマージー川の沿岸都市だったことから来た呼称




    【海外の反応5】

    ・日本に住んでいる外国人であれば本当の理由を知らないのは愚か者だけでしょうね。
    レノンがオノに煽られていたのは確かですから。


    彼女がどのように彼に爪を立てたかを知っていれば、彼は死の直前まで彼女が拒否したために長男に会えなかったのです。

    彼女が作ったレノンの人生を紹介する日本の博物館では彼の最初の結婚と長男が消されていたが、閉館直前になって死の数ヶ月前にレノンが2人の息子と一緒にいる写真が掲載された。休日に長男のジュリアンを連れ出たのはマッカートニーだったなどなど。ジョンが「イマジン」を歌っている間ですら彼とヨーコはジュリアンに会うことさえ拒否していた。


    私は、ジョンやヨーコよりもポールの方をずっと信じきれます。




    【海外の反応6】

    ・誰がビートルズを解散させたかなんて、今となってはどうでもいいことですよね。しかし、実際には多くの理由があったのですがその中でも最も重要なのは、『長い間一緒にいてお互いにうんざりしてた』ということです。重要なのは彼らの遺産です。彼らが音楽界を変え、後に続くすべてのバンドの基準となったという事実です。




    【海外の反応7】

    ・ビートルズにはそういう時代があった。そして結局、グループを維持したいと思っていたのはリンゴとポールだけだったのだ。ジョンとポールは、ジョージに1枚のアルバムにつき1曲しか使わせなかった。だから、彼がソロになりたかったのもわかる。皮肉にもビートルズを脱退した後、ジョージは最高の仕事をしてるけどね。


    ┗・ジョージ・ハリスンが興味を失っていたのは、自分の音楽が注目されていないと思っていたからだぞ。リハーサルにも出てこず、1969年1月のアップル・コアの屋上でのコンサートの時には、来なければ他のメンバーから解雇されることになっていたくらいだ。




    【海外の反応8】

    ・埼玉の「ジョン・レノン」ミュージアムに行ってきたけど.... オノ・ヨーコミュージアム.... の名前の方がいいと思った。




    【海外の反応9】

    ・もし、彼が残ったバンドを維持したかったのであればなぜそれをしなかった?

    彼らがどのようなビジネス上の取り決めをしていたのかはわからないが、ビートルズの名前を残したいのであればトリオで活動するか、レノンの代わりになる人を雇うこともできたはず。70年代のロンドンでは、才能のあるロッカーがたくさんバンドを変えていたから、彼らならすぐにレノンの代わりになることができただろうに。




    【海外の反応10】

    ・時が来たのだと人は思う。彼らが望むのであればトリオでも続けることができただろうが、全員がそれぞれの道を歩んでいった。ジョンが最初に言い出して、ジョージも同じ気持ちだったということだろうか。






    【海外の反応11】

    ・結局、ビートルズの面倒を見る人がいなかったのでしょうね。マネージャーはパーティーをしすぎてクスリに夢中になっていました。

    ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは、バンドをまとめるために懸命に働き、ビジネスにも気を配っていました。そして彼らは50年以上も演奏を続けています。





    【海外の反応12】

    ・これがニュース?レノンが亡くなって41年、今更この事実が明らかになって何か意味があるのか?




    【海外の反応13】

    ・オノ・ヨーコがビートルズを解散させたのではありません。最終的にビートルズを解散させたのはジョンです。彼は意識的に彼女と一緒にいることを選択し、他の3人のバンドメンバーよりも彼女を選んだのです。


    彼は、バンドメンバーがいかに重要であるかを彼女に説明することができたでしょう。彼女は彼の頭に銃を突きつけたわけではなく、彼は自由な考えを持つ大人であり、実際にバンドや音楽の方向性に飽き飽きしていました。


    彼はまた、最初の妻と長男のジュリアン(彼は人生の中で本当に過酷な扱いを受けていた)との関係に悩んでいたし、後にショーンが生まれるとさらに悪化した。

    先ほどの話に戻ると、これらがビートルズ解散の主な理由であり、ヨーコはただそこにいただけなのだ。しかし、彼が下した決断は彼自身のものでした。忘れてはならないのは、ジョンはポールの影にどんどん隠れていったということです。二人は非常に仲が良かったのですが、ジョンはポールのメロディックなクラシックのバックグラウンドにそれほど熱心ではありませんでした。ポールがいなくても成功したかもしれませんが、ポールの影響で高齢者も聴くようになったことは、1960年代の音楽シーンの変化の中で大きな意味を持っていました。不良少年のイメージを持ち、主に反抗的な人々に話しかけていたストーンズとは異なり彼らはを垣根を越えてファン層を広げていたのです。





    【海外の反応14】

    ・これはシンプルな曲作りで世界中の聴衆を魅了した音楽的パートナーシップの悲しい墓碑銘さ。

    音楽は誰もが持っているものだ。人が所有していると思っているのは出版社だけだ。テイラー・スウィフトはそのことを身をもって知った。




    【海外の反応15】

    ・もしビートルズが解散していなかったら、ポールがその後に出した象徴的なアルバム「Band On The Run」を聞くことはできなかっただろうね。


    ┗・あるいはプラスティック・オノ・バンドの1970年のアルバムもそうですね。







    以上翻訳元 McCartney says Lennon responsible for Beatle breakup - Japan Today


    このページのトップヘ