カテゴリ: アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   




    スクウェア・エニックスがプロデュース、プラチナゲームズが開発を手掛けるアクションRPG「NieR:Automata」(ニーア オートマタ)のTVアニメ化が決定。発売から5年となる2月23日の配信「NieR:Automata 5周年記念生放送」内で発表された。 アニメ制作はアニプレックス。発表に伴い、公式サイトと公式Twitterも開設された。同社は「続報をお楽しみにお待ちください」としている。 舞台は、宇宙人が繰り出す「機械生命体」の圧倒的戦力を前に、人類が月へと敗走している遥か未来。新たに組織されたアンドロイド部隊「ヨルハ」所属の「2B」は、地球奪還のための熾烈な戦いに身を投じることになるが―――。



    「NieR:Automata」テレビアニメ化決定(Impress Watch) - Yahoo!ニュース











    【海外の反応1】

    ・ゲームの音楽を使うか、岡部啓一さんがOSTを作曲してくれることを期待。




    【海外の反応2】


    ・もし、ヨコオタロウが関わるのなら、アニメはゲームのストーリーとはまた別のエンディングになると固く信じてる

    【海外の反応3】

    ・そうそう、もしタロウがこの作品の脚本家なら、忠実な映像化には期待できないね。この人は、私たちを大いに弄ぶ方法を見つけるだろう。私は初日に見るつもりだ。


    【海外の反応4】
     
    ・次回予告くらいはギャグを入れるべき(番組の雰囲気に全く合わないのは無視)


    【海外の反応5】

    ・楽しみであると同時に、どう脚色するのか非常に興味があるよ。Nier:Automataはテレビゲームであることを十分に生かしたゲームの一つだから、アニメーションのフォーマットでうまくいくとは思えない。

    ヨコオタロウと岡部啓一がプロジェクトに参加することに期待。

    【海外の反応6】

    ・2Bのファンアートが増えるのはいつでも大歓迎


    【海外の反応7】

    ・ヨコオタロウが何らかの形で関わっているのであれば、素晴らしい作品になることは間違いないと思います。


    【海外の反応8】

    ・エンディングA~Eをクリアした後の体験は、正直、今までプレイした何百ものゲームの中でも最もユニークで、何年経っても忘れられないと断言できるものだった。




    【海外の反応9】

    ・この作品は、評価で8.0点とは言わないまでも、7.5点のポテンシャルを持っていると思う。どうなるか楽しみだが、あまり楽観視はできない。
    でも、ストーリーをどうアレンジするか、核となるイベントを変えるかどうかにかかっている(誰かの死などのイベントを変えるのは最悪のシナリオだと思う)。

    しかし、もしヨコオタロウ本人が直接プロジェクトに参加するのであれば、私はもっと楽観的になれる。



    【海外の反応10】  

    ・どのような結果になるか興味深い。映像化のために、ルートを完全に踏襲する必要はない。ただ、ヨコオタロウが直接関わるというのが、一番面白いしいいシナリオになると思うんだが、その場合、完全に脱線してしまう可能性が高いのがね。





    【海外の反応11】

    ・ニーアは早く次のFateシリーズになってほしい。
    アニメが時系列で放送されず、見る順番で皆が争うような。
    もし将来、Nier 1のアニメが発売されて、その名前がNier Gestalt(Replicantではなく)みたいな、新参者をさらに混乱させるような名前だったらボーナスポイントだ。
    ハルヒのように、基本的に同じエピソードをマイナーチェンジして複数回放送してくれたら、さらにボーナスポイント。



    【海外の反応12】

    ・アニメとしてどうなるかわからないけど、2Bのファンアートの新作ということで楽しみです。


    【海外の反応13】

    ・まあ、もし番組が最悪だったとしても、少なくともサウンドトラックと、岡部の新作を聴くことはできそう。





    【海外の反応14】


    Nierのサントラは、最高の作品の一つです。もっと出してくれ。



    【海外の反応15】

    ・2Bは今でも私の中で最高のキャラクターデザインの一つです。


    【海外の反応16】

    ・正直なところ、独自のストーリーの仕組みに手を加えなくても、面白い番組ができるはずだ。


    このゲームは、アクション、ストーリー、キャラクタードラマにおいて、12話のアニメを簡単に埋められるだけのポテンシャルを持っているからね。


    以上翻訳元 
    "NieR: Automata" Anime Adaptation Announced : anime (reddit.com)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                   
                                   
    電撃文庫(KADOKAWA)の支倉凍砂(はせくら・いすな)さんの人気ライトノベル「狼と香辛料」の完全新作アニメが制作されることが分かった。「狼と香辛料 merchant meets the wise wolf」という新たなタイトルロゴとティザービジュアルが公開された。

     支倉さんは「ホロとロレンスの旅が始まってから15年がたちました。再び彼らの旅路を皆さんと見られることを大変うれしく思います」とコメント。
     イラストを担当する文倉十(あやくら・じゅう)さんは「再びアニメという形でホロやロレンスたちに会えることがとてもとてもうれしいです! どんなアニメになるのか、本当に楽しみです!」と話している。










    【海外の反応1】

    ・俺達はどんな時間軸で生きてんだよ?




    【海外の反応2】

    ・旅の途中は今でもずっと好きなOPの一つ。長い旅に出るようなメランコリックな感じがいいんだよ。


    【海外の反応3】

    ・アニメの新シーズンが発表されるたびに、終末時計がゆっくりと近づいている件。

    【海外の反応4】
     
    ・みんな、帽子を脱いで。経済学を学ぶ時間だよ。

    【海外の反応5】

    ・讃えよ、賢狼ホロ、神聖なる彼女よ。

    とても幸せ。2010年頃の私にとってのベストガール。

    【海外の反応6】

    ・2009年からこの日を待っていた。


    【海外の反応7】

    ・当時高校生で今頃経済学の博士号を取得してる人がいるかもしれない。


    ┗・「当研究所で経済学の博士号を取得しようと思ったきっかけは何ですか?」

    「嫁」


    【海外の反応8】

    ・2022年はアニメがクソ荒れそうだな




    【海外の反応9】

    ・7年前くらいに見たからシーズン1、2を見直すわ。


    【海外の反応10】  

    ・シーズン3ということで発表されているのでしょうか、それとも最初からリメイクなのでしょうか?





    【海外の反応11】

    ・私はリメイクを希望しています。原作読者としては、前のアニメ化で不要と思われる変更がいくつかあり不満に思っていたので。



    【海外の反応12】

    ・たとえリメイクであっても、オリジナルシリーズを見ることをお勧め。絶妙な台詞回しで、大好きな番組にだった。



    【海外の反応13】

    ・目が覚めたかと思ったが、これまた夢だったようだ。まさか狼と香辛料がまたアニメ化される可能性があるとは思わなかった。





    【海外の反応14】


    ホロがベストガールに選ばれるまでアニメ板はクソだと言い続けてきたんだ...今年こそは!



    【海外の反応15】

    皆の喜びの声で、私もさらに喜びを感じてる^_^。


    【海外の反応16】

    2022年はアニメの発表に適した年になりそうだね。



    以上翻訳元 
    (1) "Spice and Wolf" New Anime Announced : anime (reddit.com)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   
    ユニバーサルミュージック合同会社は、冨樫義博さんの人気漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、将棋のような架空のゲーム「軍儀(ぐんぎ)」を再現した商品を販売する。円形の駒、解説書、紙製のシートなどの遊ぶのに必要なものがそろった「HUNTER×HUNTER 軍儀」は4840円、将棋用の「軍儀盤」や木製の駒置きなどがセットになったハイエンド版は4万8400円(ともに税込み)。今月14日から5月8日まで予約を受け付け、9月16日に届けるという。


    軍儀とは9×9の盤面で、それぞれ違った性能を持つ「馬」や「槍」などの駒を動かし、将棋の王将に相当する「帥(スイ)」を取れば勝ちというゲーム。駒を重ねる「ツケ」という特徴的なルールがあるが、作中では詳しく解説されておらず、駒とルールを自作して楽しむファンもいた。

    商品化に際して同社は、作品に登場する描写をもとに入門編、初級編、中級編、上級編のルールを作った。駒を重ねられる枚数などに違いがあり、親子は入門編で、自信のあるプレーヤー同士なら上級編で対局してほしいとしている。


    同作は1998年に集英社の少年誌『週刊少年ジャンプ』で連載スタート。父親を探す少年・ゴンの冒険と成長を描き高い人気を得た。テレビアニメや劇場版も製作されたが近年は休載が続いている。








    『HUNTER×HUNTER』登場の架空ゲーム「軍儀」を商品化、4.8万円のセットも(SankeiBiz) - Yahoo!ニュース



















    【海外の反応1】

    ・見た目が悪い気がしますね。この新しいグッズのリリースは、アニメの10周年記念の一部なのでしょうか?それとも、もうすぐ漫画が復活する可能性を示唆しているのでしょうか?




    【海外の反応2】

    ・いつもグッズやゲームが発売するとき、どれも漫画の復活と連動していないからなぁ。復帰を前提にグッズを作るということは、マンガ復活を知っているということ。グッズを作るには時間がかかるから、連載再開されるなら数ヶ月前にすでに発表されているはず。冨樫が復帰するとき、情報を非公開にすることはないだろう。


    【海外の反応3】

    ・):

    【海外の反応4】
     
    ・今のところアニメ10周年記念の話すらまだ出ていませんね。


    【海外の反応5】

    ・架空のボードゲームを作成し、それが現実になることを想像してみてよ。

    神冨樫は腰痛以外では倒せないね。

    【海外の反応6】

    ・全く期待していなかったがルールも完備しているようだし軍儀
    をやりたがっている人がたくさんいたからこれを知ってほしい。


    【海外の反応7】

    ・私は日本語が分からないので、誰かルールとガイドブックを翻訳してほしい :)


    【海外の反応8】

    ・日本語が読めないんだよな・・・ヨーロッパへの発送はあるのか?




    【海外の反応9】

    ・海外発送はしてくれないようだし、代行サービスを使ってみてはどうか。



    【海外の反応10】  

    ・誰かが他のところでルールを翻訳していましたが、唯一注目すべき点は、ピースを重ねたときそのピース(一番上にあると思われる)の移動範囲が+1されるが、そのピースを取られると、重ねたものもすべて失うという欠点があることです。
    クイーンのようなものがある場合はどうなるかはわかりませんが、おそらくどの方向にも任意に移動できるものはなさそうですね。







      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




     東宝・カラー・円谷プロダクション・東映の4社は2月14日、庵野秀明さんが手掛ける「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」の4作品によるコラボレーションプロジェクト「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」を立ち上げたことを発表しました。今後はイベントや商品化などさまざまな展開を予定しているとのこと。


     立ち上げにあたり、まずはプロジェクトのメインビジュアルとエンブレムが公開に。4作品のキャラクターが一堂に会するメインビジュアルは、「シン・ゴジラ」のイメージデザインや「シン・エヴァ」の監督を担当し、「シン・仮面ライダー」にも参加している前田真宏さんによるもの。エンブレムはメカニックデザイナーとして知られ、同じく「シン・仮面ライダー」に参加している出渕裕さんが手掛けています。


     併せて公式サイトもオープンしており、今後の展開については同サイトで逐次公開していく予定としています。



    ゴジラ・エヴァ・ウルトラマン・仮面ライダーが奇跡のコラボ! 「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」始動(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース





    【海外の反応1】

    ・シン・ゴジラのヒーロー化は草




    【海外の反応2】

    ・シン・ゴジラはヒーローというより、カオスな中立又は中立よりの悪という感じ。

    ┗・真のニュートラル。あれは動物としての本能で行動し、必要に応じて自己保存のために行動している点で、野生動物である。


    【海外の反応3】

    ・これほどまでにハードな絵は、この世にそうそうないね。

    (キービジュアルは前田真宏さん、ロゴデザインは出渕裕さん!)

    【海外の反応4】
     
    ・シン・仮面ライダー(2023)が怪獣サイズになったらワイルドだろうなぁ(無理だろうけど)。


    【海外の反応5】

    ・昔、仮面ライダーがウルトラマンとコラボして巨大化したことがあったんだけどね。


    【海外の反応6】

    ・1号を実寸で一緒に飾ると昆虫にしか見えない。




    【海外の反応7】

    ・これを見て一瞬、1号がロンギヌスの槍を振り回していると思ったのは、私だけではないはず......。


    【海外の反応8】

    ・『シン』のキャラクター達を集めているのはわかってるんだけど、庵野秀明監督のキューティーハニーをもっと認めてほしいな。あの映画大好きなんだよ。




    【海外の反応9】

    ・庵野秀明が「ヒロイック」にこだわったと言ったの?せいぜいアンチヒーローくらいだろ。



    【海外の反応10】  

    ・これでやっとエヴァを見る気になりそうだ。





    【海外の反応11】

    ・光の巨人、神の化身、正義のヒーロー、神の天使。



    【海外の反応12】

    ・3人の巨人が戦う一方で、1号は途方に暮れている。


    【海外の反応13】

    ・戦隊モノやメタルヒーローも出してよ!?





    【海外の反応14】


    本郷猛はどうやって対抗するんだ!?



    【海外の反応15】

    ・笑っちゃうね、シンゴジはヒーローじゃない。
    エヴァ1号機も論外。

    ウルトラマンや1号こそ人を思いやる真のヒーローだ。

    【海外の反応16】

    ・スーパー戦隊が行方不明な件。




    以上翻訳元 
    (1) Hideaki Anno Shin Heroes Universe : KamenRider (reddit.com)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   




    クランチロールは、米国時間2月9日、第6回「クランチロール・アニメアワード2022」の受賞作品を発表し、アニメ・オブ・ザ・イヤーとして「進撃の巨人 The Final Season Part 1」が選出された。

    ファン投票では、1700万近くの票が米国からセントヘレナ島まで、200を超える国と地域から投じられた。ブラジル、フランス、メキシコ、イギリス、アメリカから特に多くの投票が集まったという。

    今回は、投票数が多かった国トップ10に初めてインドが入った。この他、トップ10に入ったのはアルゼンチン、カナダ、チリ、ドイツ。日本からも数万票の投票があったそうだ。

    クランチロール・アニメアワードでは、審査委員会が選出するノミネート作品の中から、日本を含む世界中のアニメファンの投票によって前年のベスト作品などが選出される。

    その他の受賞作品は以下のとおり。

    ベスト・ボーイ 
    王様ランキング ボッジ

    ベスト・ガール 
    呪術廻戦(第2クール) 釘崎野薔薇

    ベスト・プロタゴニスト(主人公) 
    オッドタクシー 小戸川

    ベスト・アンタゴニスト(敵役) 
    進撃の巨人 The Final Season Part 1 エレン・イェーガー

    ベスト・ファイト・シーン 
    呪術廻戦(第2クール) 虎杖悠仁・東堂葵 対 花御

    ベスト・ディレクター 
    オッドタクシー 木下麦

    ベスト・アニメーション 
    鬼滅の刃 無限列車編

    ベスト・キャラクター・デザイン 
    呪術廻戦(第2クール) 平松禎史

    ベスト・スコア 
    鬼滅の刃 無限列車編 梶浦由記、椎名豪

    ベスト・オープニング・シークエンス(OP) 
    進撃の巨人 The Final Season Part 1 
    「僕の戦争」神聖かまってちゃん
    絵コンテ、監督:林祐一郎

    ベスト・エンディング・シークエンス(ED) 
    鬼滅の刃 無限列車編 

    ベスト・アクション 
    呪術廻戦(第2クール)

    ベスト・コメディ 
    古見さんは、コミュ症です。

    ベスト・ドラマ 
    不滅のあなたへ

    ベスト・ファンタジー 
    転生したらスライムだった件(第2期)

    ベスト・ロマンス 
    ホリミヤ

    ベスト・フィルム 
    劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

    ベスト・ボイスアクション・パフォーマンス(日本語) 
    進撃の巨人 The Final Season Part 1 
    エレン・イェーガー 役 梶裕貴





    クランチロール、「クランチロール・アニメアワード2022」受賞作品を発表…「進撃の巨人 The Final Season Part 1」がアニメ・オブ・ザ・イヤーに選出 | gamebiz





















    【海外の反応1】

    悠木碧は声優賞がふさわしい。蜘蛛子は文字通り『蜘蛛ですが、なにか?』の全てを担っていた。歌まで歌っているのに蜘蛛子を見たことない人がほとんどなんだろうな


    【海外の反応2】

    ・動画のスライドショーではなく、アワードショーを期待していたのに。


    【海外の反応3】

    ・エレンが最優秀主人公と最優秀敵役を受賞してくれたら最高だったんだけどなー😂


    【海外の反応4】
     
    ・去年みたいに解説付きの司会にすればもっと盛り上がっただろうに。

    【海外の反応5】

    ・コメンテーター「ボッジさん......受賞しましたがが今のお気持ちは?」

    ボッジ :「ああああああああああああああああああああああああああああああああ」

    【海外の反応6】

    ・呪術迴戦と進撃の巨人の影に隠れてしまった今年のアニメに捧ぐ


    【海外の反応7】

    ・フルーツバスケットは良いシリーズだったし、何か受賞して欲しかったよ。


    【海外の反応8】

    ・悠木碧がベスト声優として受賞しなかったのは、茶番としか言いようがない。
    『蜘蛛ですが、なにか?』はキャラクターの喋り方に大きく依存しているのだが、彼女はその役に完璧にフィットしていたし、あのパフォーマンスで簡単にやってのけた。



    【海外の反応9】

    ・野薔薇も本当にいい女キャラなんだけど、正直、本田透に勝ってほしかったな。彼女はとても純粋な子だ。フルーツバスケットを見た人なら、誰もが納得するはず。



    【海外の反応10】  

    ・『不滅のあなたへ』が選ばれたことをとても誇りに感じています!!!! 
    すべての受賞者におめでとうございます!!!!




    【海外の反応11】

    ・『フルーツバスケット』(2019年)は間違いなく今年最高の少女アニメのひとつだったが、ほとんど何のノミネートもされなかった ...



    【海外の反応12】

    ・正直なところ、今年の受賞は、何が受賞に値するかよりも、人気があるかどうかに基づいていた。




    【海外の反応13】

    ・『無職転生』がアニメオブザイヤーにノミネートすらされないなんて...いい加減にしてくれ





    【海外の反応14】


    ・『
    フルーツバスケット』、『無職転生』、『Vivy』は何も受賞してないのか、かわいそうに😞。



    【海外の反応15】

    ・『シャドーハウス』がベストエンディングシークエンス賞を受賞することを強く望んでいた。


    【海外の反応16】

    ・おめでとう、すべてのアニメ受賞者




    以上翻訳元 
    2022 Anime Awards Winners - YouTube




    鬼滅の刃 遊郭編 6(完全生産限定版) [Blu-ray]
    小西克幸
    アニプレックス
    2022-07-27


    呪術廻戦 Vol.7 DVD (初回生産限定版)
    諏訪部順一
    東宝
    2021-07-21















    このページのトップヘ