カテゴリ: 特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                   

    Apple TV+が、レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画シリーズ「モンスターバース」の最新作にあたる、ゴジラとタイタンのオリジナルテレビシリーズの制作決定を発表した。


     「モンスターバース」は、これまで神話や伝説だったモンスターが実在する世界で、人類が生き残るための戦いを中心とした物語。2014年の『GODZILLA ゴジラ』から始まり、2017年の『キングコング:髑髏島の巨神』、2019年の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、そして2021年の『ゴジラvsコング』まで、映画の興行収入は世界中で合計20億ドル近くに達しており、新しいアニメシリーズ『Skull Island(原題)』によって、「モンスターバース」は現在も拡大し続けている。


     シリーズ最新作となる本作は、現在タイトル未定。『スタートレック:エンタープライズ』のクリス・ブラックが共同製作者と総指揮者、『ホークアイ』のマット・フラクションが共同製作者を務めることが発表されている。


     ゴジラとタイタンたちの壮絶な戦いによってサンフランシスコが破壊され、モンスターが実在するという衝撃的な現実を突き付けられた後の世界が舞台となり、ある家族が闇に葬られた秘密と遺産を明らかにしていく中で「モナーク」と呼ばれる秘密結社にたどり着く様子が描かれる。





    【海外の反応1】

    ・ああ、Appleは自分たちの番組に巨額の資金を投入することに何の問題もないんだな。


    【海外の反応2】

    ・デストロイアの誕生かな?でも、デストロイアがテレビ番組で消費されるのは嫌だなぁ。


    ┗・皆、メガギラスへの愛が足りてないと思うんだ。


    【海外の反応3】

    ・レジェンダリーは今回、東宝とどんな契約をしたんだろう。


    ┗・最高のシナリオは、東宝が映画を作ることができ、レジェンダリーが代わりにTVショーを行う契約を結んだということだ。日本では新しい実写映画が切実に必要だし、『シン・ゴジラ』は批評的にも経済的にも日本でめちゃくちゃ良い結果を出したから、レジェンダリー映画が一区切りついた今、東宝がその機会を生かさないとは思えない。
    【海外の反応4】 

    ・ゴジラはシーズン1に4分ほど登場する予定です。

    ┗・ゴジラを4分以上スクリーンに映し続けるために、どれだけのCGI予算が必要なのか想像してみると、驚かないよ。
    【海外の反応5】

    ・ゴジラがちょろっと出てくるだけで、あとは怪獣のランダムな登場とミステリアスなモナークがメインになりそう。


    【海外の反応6】

    シンギュラポイントを気に入られたようですね・・・。


    【海外の反応7】

    ということで、今度のモンスターズバースの展開。
    『Netflixのスカルアイランド・アニメーションショー』
    『Apple TV+でこの番組』
    そして、間違っていたら訂正してほしいんですけど、アダム・ウィンガードが確か『SON OF KONG』のために戻ってくるはず。
    モンスターバースの今後を見るのが楽しみです。


    【海外の反応8】

    ・なぜゴジラ映画はすべて同じストリーミングサービスにならないのか



    【海外の反応9】

    ・これで東宝が再ライセンスしたことが証明されたけど レジェンダリーとNetflixの関係を考えると、この番組がNetflixにないのは非常に驚きだ。


    【海外の反応10】


    正直なところ、モンスターバースの新しいコンテンツができるのは嬉しい限りです。この先、新しい映画にもつながるといいんだけど。🤞🏻


    【海外の反応11】

    ゴジラ エージェント オブ シールド


    【海外の反応12】

    ・それにしても、ゴジラが登場する1つのエピソードが、制作やアニメーションにどれだけの時間を要するか、想像してみてほしい。


    【海外の反応13】


    この番組が、主要なキャラクターが出てこない古いタイプの番組ではなく、現在のマーベル番組のやり方に近いものになることを期待している。

    ゴジラがほとんど出てこない番組がたくさんあること自体は知っている。


    【海外の反応14】

    ・ゴジラ キング・オブ・ザ・モンスターズから登場したのに、十分に紹介する時間を得られなかったタイタンたちに最適なタイプの番組だと思う。ところでベヒーモスの回はいつ!!?



    【海外の反応15】

    少なくとも、マット・フラクションがゴジラに取り組むのを見るのは楽しみだ、彼は驚異的な作家だ。



    【海外の反応16】

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

           
           これは、本日(2021年12月13日)開催された“TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM”にて発表されたもの。


     『SSSS.GRIDMAN』は、円谷プロダクション制作による特撮番組『電光超人グリッドマン』(1993年~1994年放送)をもとに、2018年に放送されたテレビアニメ。アニメーション制作はTRIGGERが担当しており、2021年には同作のスタッフが再集結して制作された『SSSS.DYNAZENON』が放送されている。今作は、『SSSS.DYNAZENON』に引き続き、完全新作の映画となる。


    監督は『SSSS.GRIDMAN』と『SSSS.DYNAZENON』から引き続き雨宮哲氏が担当。雨宮氏は「アニメ映画としてグリッドマンを制作いたします。シリーズ初の劇場版として、少しでも多くの人に触れていただけるよう力を尽くしたいと思います」とコメントしている。そのほか、脚本を長谷川圭一氏、キャラクターデザインを坂本勝氏、音楽を鷺巣詩郎氏が務めることも明らかになっている。



     公開された劇場版制作決定のビジュアルには、グリッドマンとダイナレックスが描かれている。どのような内容になるか、期待に胸が膨らむが、公開日や出演キャストなどの詳細な情報はまだ未発表のため、公式サイトや公式Twitterから発せられるであろう続報に注目しよう

    『グリッドマン×ダイナゼノン』完全新作劇場版(仮称)が制作決定! グリッドマンとダイナレックスが描かれたビジュアルも公開 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com (famitsu.com)








    【海外の反応1】


    グリッドマンユニバースは続く。


    【海外の反応2】

    みんながひとつになる壮大なクロスオーバーの時間だ!


    【海外の反応3】

    ・勢いが
    止まらない!



    【海外の反応4】

    ・是非、お願いします!



    【海外の反応5】

    なんてこった。かかってこいや。


    【海外の反応6】

    ・イエス!イエス!イエス! やった!やったーーー!


    【海外の反応7】

    この冬も続報が続々登場!


    【海外の反応8】

    ・目を覚ました瞬間からエキサイティングでした。
    こんなに早く詳細情報のティーザーが出るとは思っていませんでしたよ。



    【海外の反応9】

    ・グリッドマンとダイナゼノンの共演、そして必然の合体フォームに期待。


    【海外の反応10】

    まいったなー。これは素晴らしい。


    ただ、日本で映画が公開されてから、しばらく待たないといけないのが残念。というわけで・・・。皆さん、ネタバレに気をつけてね。


    【海外の反応11】

    ・ダイナゼノンの未解決の伏線をちゃんとまとめるのか、そうでないのか、どっちなんだろう?いずれにせよ、楽しみ。





    【海外の反応12】

    ・映画の方がテレビ放映でのクロスオーバーよりは価値があると思う。






    【海外の反応13】

    ・最終回で電光超人になったはずのグリッドマンがSSSSのデザインに戻る理由は何なのか、ちょっと気になりますね。




    【海外の反応14】

    楽しみですが、2つのストーリーをきちんと繋げるために、映画が急ぎ足にならないか、ちょっと心配です。


    【海外の反応15】

    想像を絶するほどハイテンションになったよ。


    【海外の反応16】

    アズールレーン×SSSSのコラボを丸々2週間かけてプレイしたら、またシリーズに気合いが入った。

    ダイナゼノンめっちゃ良かった。2021年からのアニメで一番好きだった。




    以上翻訳元  Gridman X Dynazenon Movie Officially Announced - Tokunation

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

           Avataro-Sentai-DonBrothers
           DonBrothers 


     テレビ朝日のスーパー戦隊シリーズ最新作「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(日曜前9・30)が、来年3月6日からスタートする。モチーフは昔話の「桃太郎」。ドンモモタロウ(レッド)を筆頭に、サルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)、オニシスター(イエロー)の5人のヒーローが新たに誕生する。イヌは全長100センチの3頭身、キジは全長220センチの長身スタイルなどシルエットも特徴的だ。


     現在放送中の「機界戦隊ゼンカイジャー」のように“ジャー”がつかない作品は「特命戦隊ゴーバスターズ」(2012~13年)以来、10年ぶり。担当者は「革新的な作品を目指すという意気込みの表れ」といい、物語の展開に注目が集まる。


    来年の戦隊シリーズは「桃太郎」モチーフ、来年3月スタート テレ朝「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース





    【海外の反応1】


    ..これは非常に偏ったシリーズに終わる可能性がある。聞くところによると、脚本家の井上さんが書いた仮面ライダーシリーズは、非常に...賛否両論があったそうだ。

    今はまだ様子見だが、ドンブラザーズがどんな結末になるのか、ちょっと心配。


    【海外の反応2】

    ん!?ジャーでもファイブでもマンでもない、新しいネーミングのバリエーションだね。社会的距離の取り方を前提にした戦隊がまた出てくるのかな。


    【海外の反応3】

    ついに来たね。



    【海外の反応4】

    ・ドン...ブラザーズ?



    【海外の反応5】

    私の理解は正しいのか?ここには史上初の男性用ピンクなのか?黄色は少なくとも名前からして唯一の「シスター」だ。


    【海外の反応6】

    戦隊ものでCGIは本当に必然ですね。理にかなっていると思います。でも、CGIを多用した戦隊になるか、戦隊シリーズ終了か、どちらかに選ばざるをえないとしたら 、前者でいいと思います。


    子供はCGIが大好きで、スーツはバカみたいだと思っている。子供にとってアニメはGGIショーなんです。そして、おもちゃやグッズを大量に売りまくる。競合他社がもっと少ない金額で勝負しているのに、東映だけがお金をかけて番組を続けるのはおかしいですからね。


    【海外の反応7】

    太郎とブラザーというネーミングも、また男だけの戦隊をやるのかと思ってしまった。確かにそれも一つの手だと思うけど。


    【海外の反応8】

    ・面白い名前ですね。正直なところ、「ドンブラザーズ」は、「変身忍者嵐」のような70~80年代の特撮番組のように聞こえます。


    とにかく、おもちゃのリークと合わせて、一番気になるのは...もう何でもありになってますね。


    【海外の反応9】

    ・新シリーズのキャスティングが気になるところだが。うーん...。


    【海外の反応10】

    ドンブラザーズにはライダー的な側面がありますね。
    例を挙げると エクゼイドとゴーストがタッグを組み、それぞれのギミックに基づいたパワーアップを行うことで互いに似たようなフォームを手に入れ、昨年のギミックとの関連性を維持することができる。


    また、パンデミック関連の流通の苦しさも、「戦隊ギア」のテーマを継続させる一因になっていると思います。実際にギミックが良く、販売面で好評かどうかは何とも言えませんが。


    【海外の反応11】

    ・新
    戦隊メンバーが新たな場所から現れるというのは、ゼンカイジャーの世界観のテーマに合っているし、少なくとも一部のキャラクターが新番組にも少し登場するのはいいことだと思うんだ。





    【海外の反応12】

    ・彼の担当した作品の中で一番好きなのがジェットマンなので、個人的には戦隊ものに再挑戦することを楽しみにしています。
    ただ、彼を嫌うべきとまでは言いませんが、彼の貢献に対して警戒心を持つのは理にかなっていると思いますね。


    特に、キバとオーズの映画については、様々な意見があると思うから、文句を言いたい人は言ってもいいと思う(笑)。

    それに、「やばい、次は何をやるんだろう」という気持ちが蔓延していることが、面白さに拍車をかけていると思うんです



    【海外の反応13】

    ・井上さんの作品は、平成1期のディケイドと龍騎しか見ていないので、特に思い入れはないのですが、私がこの作品を楽しめるのならば、誰に書いてもらってもいいです。ゼンカイジャーのキャスト達に再出演してほしい。

    また、モモブラザーのバイザーは、カミナみたいでカッコイイのと、ベタなのと、どっちつかずな感じがして、髷の装備は好きなんですけどね。




    【海外の反応14】

    この番組は奇妙なものになりそう。特撮ジャンルに革命をもたらす番組になるか、完全なA級のクソ番組になるか、その中間はなさそうだ。


    【海外の反応15】

    CGキャラクター、特にブラックの犬についてはどう感じたらいいものか。でも、このデザインは気に入っている。桃太郎がいい感じ。それに井上さんの書く現代戦隊ってどんな感じなのか気になる。


    【海外の反応16】

    井上さんが書くのか!?井上節全開でお願いします。どんな作品に仕上がるのか気になる(笑)





    以上翻訳元  FIRST LOOK: Avataro Sentai DonBrothers! - Tokunation

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

           
     円谷プロダクションの人気特撮を映画化する『シン・ウルトラマン』の公開日が、2022年5月13日に決定した。13日、同社の新作ラインナップ発表会「TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM」内で明らかになった。

    『シン・ウルトラマン』カラータイマーはなし!ビジュアル公開の模様  庵野秀明が企画・脚本、樋口真嗣が監督を務める『シン・ウルトラマン』は、特撮テレビシリーズ「ウルトラマン」(1966~1967)の原点に立ち返り、“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する世界の体験を目指す作品。主人公の“ウルトラマンになる男”役を斎藤工が務め、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかり、田中哲司ら豪華キャストが共演に名を連ねる。


     もともと2021年初夏公開予定だった本作。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって制作スケジュールに影響が出たため、公開時期が調整中となっていた。(編集部・倉本拓弥)

    『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開決定!(シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース



    【海外の反応1】


    ウルトラマンの "肌 "のシワや伸びを、ラテックススーツのように再現したことは高く評価する。

    樋口・庵野は原作を尊重し、成田亨の原作デザインを1:1で再現しただけでなく、CGモデルに組み込むことでスーツ本来の野暮ったさまで堂々と認めているのだ。


    【海外の反応2】

    子供の頃、テレビの画面サイズ4:3でよくウルトラマンを見ていました。今は、16:9。スペシウム光線が横長で、本当に本当に画面の端まで長いことに全く驚かされます。

    【海外の反応3】

    この短いシーンだけでも、クオリティの高さがうかがえます。ウルトラマン神話をより控えめに、しかし力強く表現している。

    地面に横たわるウルトラマンと立ち上がるウルトラマンに焦点を当てたショットは完璧です。
    また、光線のシーンもいい。
    円谷さんには、ぜひ海外での公開を考えてほしいです。お願いします。


    【海外の反応4】

    ・OH MAN! めちゃめちゃカッコイイ!  頭の形、スペシウム光線のアニメーション、効果音......。完璧。


    カラータイマーがないのは残念だけど、その理由はわかってる。



    【海外の反応5】

    やっと公開日が確定してよかった。海外の私たちにも早く映画が見られるといいなと思う。


    【海外の反応6】

    楽しみ。CGIが更に素晴らしくなっている。


    【海外の反応7】

    すごい!待ちに待った、シン・ウルトラマンの新しい試写会です。シン・ゴジラのアトミックブレスと比較しても、あのスペシウム光線は全く違和感なく、完璧に再現されている。


    【海外の反応8】

    ・いきなりかよ!?


    【海外の反応9】

    ・シン・ゴジラのクオリティに近いものがあれば、これはすごいことになりそうだ。


    【海外の反応10】

    本当に楽しみ。


    【海外の反応11】

    世界中のウルトラファンのために、壮大な拍手と未来と記憶の平和をお届けします。200万人の登録者を含めてね。5月13日まで待てない!





    【海外の反応12】

    ・ゾフィーを登場させてほしい。実現させてください🥺




    【海外の反応13】

    ・ああ、このウルトラマンの映画がインドネシアの映画館で上映されることを願っています。私はとてもマニアックなので、円谷氏の精神性とあなたの作品を永遠に忘れられないでしょうね。




    【海外の反応14】

    ・本当の疑問は、シン・ゴジラのようにアメリカでもこの映画を見ることができるのかということです。それとも権利を取得してアメリカでBlu-rayをリリースするのでしょうか?


    【海外の反応15】

    煙でウルトラマンが本当にすごいことになっている...。


    【海外の反応16】

    映画の詳細が明らかになることを期待してる。





    以上翻訳元 映画『シン・ウルトラマン』特報②【2022年5月13日(金)公開】 - YouTube

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

           

    シンガポール政府観光局(STB)は、2021年の「SJ55記念事業」の一環として、コラボレーション動画「ウルトラマン - シンガポールの新たな力 -」を制作、3つのエピソードを公式SNSで12月7日から順次配信する。STBでは、日本とシンガポールの外交関係樹立55周年にあたり、テレビ放送開始より同じく55年を迎えた「ウルトラマン」をイメージキャラクターに起用している。


    エピソード1は「ガーデンズ・バイ・ベイに襲来するレッドキング」で2021年12月7日から配信を開始。公開翌日には、すでに15万回再生を超える人気ぶりだ。エピソード2の「ジュエル・チャンギ・エアポートから見るネロンガの雷撃」とエピソード3の「セントーサ島にグビラ登場、そして決戦の地はマリーナ・ベイに」はそれぞれ2021年12月中に配信される。


    シンガポール政府観光局、「ウルトラマン」とコラボ動画を配信、人気観光地を舞台に3つのエピソード(トラベルボイス) - Yahoo!ニュース


     



    【海外の反応1】


    ウルトラマンを使ってシンガポールの観光を宣伝するというアイデアを出した人は、昇給してもいいと思う。


    【海外の反応2】

    アニバーサリーイベントであっても、初代ウルトラマンが再び活躍するのは嬉しいことですね。ティガの先輩ウルトラマンとして尊敬しているので、初代ウルトラマンが再び活躍する姿を見たいです。

    【海外の反応3】

    I LOVE IT! 嬉しいですね。シンガポールに遊びに来てね!


    【海外の反応4】

    ・笑った。ウルトラマンとレッドキングは、私たちにとって象徴的な「ランドマーク」を「破壊」しないように「慎重に」戦わなければならなかった様だ。



    【海外の反応5】

    ・ウルトラマン
     remastered


    【海外の反応6】

    とても楽しみです!!! どんなものが出てくるのか楽しみですね。シンガポールは円谷さんにお任せします!


    【海外の反応7】

    ほらね。ウルトラマンは日本だけのものではありません :)


    【海外の反応8】

    ・あれはマーライオンの怪獣か!?これをもっとスケールアップさせるには、リブット※を登場させて、マレーシアとシンガポールの要素を取り入れてしまえばいいと思うよ。

    ウルトラマンリブット・・・マレーシアの子供向けフルCGアニメ『Upin & Ipin』に登場したウルトラマン。円谷プロダクション公式ウルトラマンの一人 


    【海外の反応9】

    ・ウルトラマン! ❤️


    【海外の反応10】

    うわー、これはすごい! きちんとしたロケーションが、この作品を際立たせているね。


    【海外の反応11】

    ・シンガポールのウルトラマンファンとして大好きです!!!



    【海外の反応12】

    ウルトラマンがこの国を訪れたことをとても誇りに思う。マーライオンは良い怪獣になるのか悪い怪獣になるのか?




    【海外の反応13】

    ・オーマイガー。シンガポール人として、国の宣伝をしてくれて本当にありがとうございます。また、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのスーパーツリーが大きな被害を受けていないのもいいですね😅。




    【海外の反応14】

    ・激しい戦いの後、全てのスーパーツリーが立っているのがすごいね🤣🤣🤣。


    【海外の反応15】

    うわぁぁぁぁぁ シンガポールの昔の写真だ! エピソード2が待ち遠しいよ。


    【海外の反応16】

    ウルトラマンと日本との関係を促進してくださった日本に感謝します。 もっとウルトラマンが必要です! 日本が大好きです!





    以上翻訳元 「ウルトラマン -シンガポールの新たな力- 」エピソード1 / Ultraman: A New Power of Singapore Episode 1 - Visit Singapore - YouTube

    このページのトップヘ