カテゴリ: 大谷翔平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   



     メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平が今シーズン初勝利を挙げました。

     今シーズン3度目となる投打二刀流出場の大谷。


     初回を三者凡退に抑えると3回には、キレのある変化球で3者連続三振。

     続く4回、この回も連続三振を奪い、6者連続三振とします。  大谷は、6回無失点12奪三振、ヒットをわずか1本に抑える好投を見せます。

     一方、打者大谷の第1打席。フォアボールを選び、連続試合出塁を10に伸ばします。


     さらにこの回、チャンスで再び大谷。あともう少しでホームランという当たりはレフトへのタイムリーツーベース。


     投打で活躍を見せた大谷、今シーズン初勝利です。





    投げて良し打って良し 大谷に待望の初勝利(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース














    【海外の反応1】

    ・大谷は独力でアストロズを倒した。彼はチーム全体よりも多くのヒット、点数、RBIを記録した。そして5回以上完璧なピッチングをした。




    【海外の反応2】

    ・翔平は驚異的だ。本当に素晴らしいパフォーマンス。完全試合がダメになったのは残念だし、もう少しで満塁ホームランだったのに...。だがエンゼルスのファンとして、翔平は間違いなく私の一日を楽しくしてくれた。頑張れ、エンゼルス :)


    【海外の反応3】

    ・ この日の試合は、大谷の集中力と打たれ強さが光った。 しかも、2安打、2打点、1得点。 これで彼が投手としても打者としても、他の誰とも違う力を持っていることが改めて証明されたのではないか。


    【海外の反応4】
     
    ・野球のことはよくわからないが、彼がこの世界のヒーローであることは知っている。


    【海外の反応5】

    ・彼のやっていることに畏敬の念を抱かずにはいられない...まさに一世一代のプレーヤーだ。


    【海外の反応6】

    ・大谷選手が5回を11奪三振で完璧に抑えた後、バントをして一塁に全速力で駆け抜けている。他の全ての投手が驚くだろう。彼は最もアグレッシブな選手だ。



    【海外の反応7】

    ・ベーブ・ルースを目撃した人たちへ、残念ながら今の時代の私たちは彼を目にすることはできないが、あなた達は大谷翔平という男を目撃することをできなかったね😉。


    【海外の反応8】

    ・鬼才大谷、鈴木誠也、佐々木朗希、そして過去の名選手たち...日本は次世代を担う才能を生み出している。




    【海外の反応9】

    ・一期一会の選手。 何年か経たないと本当の意味で実感がわかないだろうね。 かなりすごい事だよ!!!



    【海外の反応10】  

    ・彼のスライダーは獣のようだ! ショウヘイはさらなる進化を遂げている。





    【海外の反応11】

    ・驚いた。 どの打者もボールを打つどころじゃなかったね。😯



    【海外の反応12】

    ・今夜の投球で、大谷はMVPレースに返り咲いた。 早すぎじゃない? この男は信じられないよ。


    【海外の反応13】

    ・ここは大谷の世界、我々はその中で生きているだけだ。





    【海外の反応14】


    大谷選手のバッティングをサポートした翔平選手。お疲れ様でした。



    【海外の反応15】

    ・この子がマウンドに上がるたび、そしてプレートに上がるたびに歴史を見ているようだ


    【海外の反応16】

    ・サイ・ヤング賞が翔平に向かって歩き始めた。そして、MVPも彼の後を追いかけている。




    以上翻訳元  
    (3) Ohtani THROWS GEM and puts on SHO in Houston! Strikes out TWELVE in 6 innings! - YouTube













      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   






    【アーリントン(米テキサス州)15日(日本時間16日)=斎藤庸裕】エンゼルス大谷翔平投手(27)が、1試合2発で待望のアーチをかけた。


    「1番DH」で出場したレンジャーズ戦の第1打席、初球を捉えて右中間席へ今季1号の先頭打者弾。5回の第3打席は右翼へ完璧な2ランを放ち、5打数2安打3打点で逆転勝ちに貢献した。この日は黒人選手初のメジャーデビューをたたえる「ジャッキー・ロビンソン・デー」で背番号42を着用。メジャーリーグの歴史的な記念日で初めて本塁打を放ち、二刀流・大谷が躍動した。


       ◇歴史的な記念日に、大谷が目覚めた。1回の第1打席、初球の高め直球を高々と打ち上げた。右中間スタンドへ届いた一撃は開幕31打席目で飛び出した待望の22年シーズン第1号。さらに3点を追う5回に、右翼へ飛距離415フィート(約126・5メートル)の特大2ランをかました。「2本打ててうれしい。(2本目は)負けている展開だったので、流れを取り戻して、最終的に勝てたことが自分にとって一番大きかったかなと思います」。チームの逆転勝ちにつながった2発を素直に喜んだ。


    背番号17ではなく、42番でダイヤモンドを回る光景は、いつもとは違った。メジャーリーグの歴史で、初めて黒人選手が誕生した4月15日。これをたたえ、「ジャッキー・ロビンソン・デー」と称して、全員が背番号42番を着用した。黒人選手として道を切り開いたロビンソン氏。一方で、今季から投手兼DHで出場可能な「大谷翔平ルール」が導入され、二刀流として新たな歴史を刻んでいる大谷。先人の功績を背に、同氏のデビュー75周年の記念日に初めて本塁打を放った。


    すると、新時代を築く男は新たな儀式で祝福された。今季1号後にベンチへ戻ると白いカウボーイ・ハットをかぶせられ、同僚と笑顔でハイタッチ。チームの盛り上げ役を担う「クオリティー・コントロール・コーチ」のティム・バス氏が帽子をベンチに持ち込み、数日前から選手が使い始めた。この日も本塁打を放った全4選手が同様の儀式で迎えられた。大谷は2度、カウボーイ風に変貌。珍しい姿に盛り上がったチームはレ軍に逆転で競り勝った。


    前日まで開幕から30打席ノーアーチが続き、大谷は打撃面で「動きだしの準備が少し遅れている」と課題を挙げていた。それをたった1日で修正し、しかも、登板の翌日に2発。2本目は手応えも十分だったようで、本塁打を確信してバットを放り投げた。特別な1日にがっちりつかんだ感覚。これをきっかけに、本領発揮の予感が漂う。


    ▽マドン監督(登板翌日に2発を放った)「そこがポイントだ。登板と同時に打って、翌日も試合でプレーする。それでいて、フィジカル的にも問題ない。素晴らしい。昨年のように、打ち始めるだろう」


    ▼大谷が今季初本塁打となる先頭打者初球アーチを含む2発。大谷の先頭打者本塁打は通算5本目だが、初球を打ったのはメジャーでは初めて。日本人選手のプレーボール本塁打は、07年6月19日岩村(デビルレイズ)以来4人、5度目。


    ▼大谷の1試合2発は昨年7月2日以来、通算7度目。マルチ本塁打を通算7度は松井秀の6度を抜き、イチローの7度に並ぶ日本人最多回数となった。ちなみに、登板した翌日に2本塁打は昨年6月18日タイガース戦(前日6回1失点で勝利)に次いで2度目。


    ▼ジャッキー・ロビンソン・デー(4月15日)に本塁打した日本人選手はイチロー、松井秀に次ぎ3人目。イチローは07、09年、松井秀は08、10年に打ち、ともに計2本。


    ◆ジャッキー・ロビンソン・デー 黒人初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソン氏(ドジャース)をたたえ、同氏がデビューした1947年4月15日を記念し、04年から毎年4月15日開催の恒例行事となった。全球団で永久欠番となっている背番号「42」を選手や監督、コーチら全員が着用し試合を行う特別な日。今年はデビュー75周年の節目で、関連行事も盛大に行われた





    大谷翔平、本領発揮の予感漂う2発「ジャッキー・ロビンソン・デー」で初アーチ(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース



















    【海外の反応1】

    ・スイング、ホームラン、バットフリップ 全て完璧。めっちゃカッコイイ👍👍👍




    【海外の反応2】

    ・大谷選手のバットフリップ?あんなの初めて見たような気がする...。
    昨年は素晴らしいシーズンを送っただけに、プレッシャーも負担も大きかったんだろうね。まあ、これがまた素晴らしいシーズン、そして素晴らしいキャリアを送れる証になることを祈ってるよ


    【海外の反応3】

    ・あんなクールで怒りに満ちたバットフリップは、今まで見たことがない。


    【海外の反応4】
     
    ・ここ数日、集中治療室にいた翔平のバットはホームランに飢えているんだな。


    【海外の反応5】

    ・あのバットフリップは悔しさを晴らすものだった。 皆さん、お帰り。またショータイムの始まりだ。


    【海外の反応6】

    ・翔平!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!迫力のバットスイング!!!



    【海外の反応7】

    ・バットフリップさえも、すでに伝説となっている


    【海外の反応8】

    ・あのバットフリップは、彼の実力を疑っている人たちに強いメッセージを送ったはずだよ。




    【海外の反応9】

    ・これが彼にとってのターニングポイントになればいいなと思います。
    2021年の大活躍の後、今シーズンを迎えて期待に応えようとする彼の背中には、重い荷物がのしかかっていることでしょう。
    大谷さん、そろそろビッグフライの出番ですよ。



    【海外の反応10】  

    ・バットフリップについては、アナウンサーも驚いてた。
    そして、相手チームのファンまでもが彼の本塁打で盛り上がる姿はとてもクールだね。心肺蘇生が効いて良かった! 😄





    【海外の反応11】

    ・バットにした心肺蘇生が効いたようだね。😂😂😎



    【海外の反応12】

    ・素晴らしいスイングですね。
    これからもっともっと打ってくれるでしょう!


    【海外の反応13】

    ・この2人のコンボは、ピッチャーとしては対戦したくないほど恐ろしいものだよ。





    【海外の反応14】


    バットフリップは常軌を逸していたが、審判の判定が悪すぎて大谷の不満が爆発したんだろうよ。



    【海外の反応15】

    ・MVPが帰ってきた。エンジェルスの試合は絶対に見逃さないぞ。


    【海外の反応16】

    ・世界最高の野球選手。




    以上翻訳元 
    (2) Shohei Ohtani CRUSHES his 2nd homer of the game and adds an EPIC bat flip! - YouTube













      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





    【グレンデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が26日、アリゾナ州グレンデールでのホワイトソックス戦に「1番・指名打者」で先発出場し、1打席目にオープン戦初本塁打を放った。

    大谷がオープン戦初本塁打(共同通信) - Yahoo!ニュース





    【海外の反応1】

    ・大谷翔平。 ファンに幸せを与えてくれる選手です。




    【海外の反応2】

    ・伝説が生まれたよ、みんな。こんなことが起こるのを見ることができるのはどれだけ幸運なことなのかを思い知らされるよ

    【海外の反応3】

    ・大谷は現象だ。彼は野球の鬼神だ。


    【海外の反応4】
     
    ・大谷は、暖まってきたようだね。先日、98マイルで5人の打者を三振にし、今度は、変化球を打ち砕いた。


    【海外の反応5】

    ・イグレシアスがダグアウトで最初に本塁打を祝福してくれないのは寂しい限りだ。


    【海外の反応6】

    ・大谷が昨シーズンやったことを超えられるとしたら、それは彼しかいないでしょう。しかし、彼は急いだ方がいい。時間は選手にとって友ではない


    【海外の反応7】

    ・塁を駆け回る時のあの小さな笑顔。早く本塁打を見たいものだ。



    【海外の反応8】

    ・大谷選手には次のトム・ブレイディになってほしいです。この人の名前をもっと多くの人に知ってもらいたい! 野球はとても素晴らしいスポーツなんです。




    【海外の反応9】

    ・新シーズンに向けてウォーミングアップ中だ。今年は50本以上のHRを期待したい。



    【海外の反応10】  

    ・野球が復活してうれしい





    【海外の反応11】

    ・今シーズンも好調な滑り出しとなった。



    【海外の反応12】


    ・大谷は "野球"
    野球は "大谷"


    【海外の反応13】

    ・このHRは、彼のMLBでの1号HRを思い出させる。





    【海外の反応14】

    今後20年間はMVP



    【海外の反応15】

    ・ビッグフライ 大谷さん♥️。




    【海外の反応16】

    大谷ルールにより、2022年シーズンは打席数が50回増える。 あのとんでもないホームランがもっと見られるようになる。待ち遠しいね。







    以上翻訳元 
    (1) Shohei Ohtani CRUSHES first spring training home run!! (Ohtani doing it all on both sides of ball) - YouTube


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック









    〔共同〕ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、野球ゲーム「MLB The Show 22」のカバーアスリートを本日2月1日に発表した。

     今作のカバーアスリートには、大谷翔平選手が登場。大谷翔平選手は満票でアメリカンリーグのMVPに選出されており、「大谷翔平選手がカバーアスリートだろう」と事前に予想していたメディアも多かった。



    大谷翔平選手に決定! 「MLB The Show 22」、カバーアスリートを発表(Impress Watch) - Yahoo!ニュース

















    【海外の反応1】

    ・大谷選手、カバーアスリートおめでとうございます!当然の結果ですね。彼のようなスキルは一生に一度しか見られません。




    【海外の反応2】

    ・11.8打席に1本塁打(46HR)はリーグ最高でした。満場一致のMVP受賞。WAR、WPAともに断トツの高水準。ゲリット・コールより優れた防御率と最も打てない球を持つ支配的な投手。26本の盗塁を放つ快速選手。三塁打でリーグトップ、打率、その他すべてでリーグトップに近い。文字通り、史上最高のシーズンとなった。

    【海外の反応3】

    ・最近、大谷選手の影響で野球にハマったけど(選手はすごいし、見るのも追うのも楽しいから絶対見続ける)、MLB the Show 22も彼の影響で手に取るだろうね。大谷選手のブレイクにより、新たなファンや注目が集まっているのは素晴らしいことだと思うよ。


    【海外の反応4】
     
    ・今年は大谷翔平以外に表紙を飾る人はいないと予想していたが、よくぞ来てくれた。大谷選手、おめでとうございます。


    【海外の反応5】

    ・あのイチローでさえ、このような栄誉はなかった。おめでとう、大谷。あなたはこの一瞬一瞬にふさわしい。


    【海外の反応6】

    ・間違いなく最高の選手の一人。 日本人は野球をよく知っている。この男は別格さ。

    【海外の反応7】

    ・大谷選手のおかげで、初めてこのゲームを買おうかと思います。



    【海外の反応8】

    ・また一つThe Showを買う理由ができた。22という数字は、二刀流選手を象徴するような数字だね。そしておめでとう大谷!




    【海外の反応9】

    ・おめでとう、翔平。『the 翔』は今、カバーアスリートとなった。グレート。



    【海外の反応10】  

    ・大谷は去年は獣のようだった。





    【海外の反応11】

    このままいけば、伝説になる



    【海外の反応12】


    ・誰もしたことがない衝撃を残したのだから当然の結果だ。だがMLB2022年のシーズンはあるのだろうか?



    【海外の反応13】

    ・大谷-SAN!!! まだ序章に過ぎないことを祈ります。あなたが宇宙人と戦うゲームとか見てみたいです(笑)





    【海外の反応14】

    台湾人はみんな大谷君を愛している!!! 大谷翔平太神了!!!!



    【海外の反応15】

    ・スティーブン・A・スミスは今、ボロボロ




    【海外の反応16】

    昨年、大谷がしたことをやった人は、歴史上誰もいなかった。スポーツの歴史上、エリートレベルで打撃と投球の両方を行った唯一の人物であるベーブ・ルースでさえ、同じ年にそれを行ったことはないのだ。

    そして、大谷は投打を考慮せずとも、DHの成績だけでオールスターゲームに出場できていた。







    以上翻訳元 
    Angels' Shohei Ohtani graces MLB The Show 22 cover!! - YouTube


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
                                               

             _w850 (15)

             

     二刀流スターがまた新たな栄誉を獲得した。


     現地時間12月28日、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は2021年の「最優秀男性アスリート賞」を発表。投打で歴史的なシーズンを刻んだ大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が選出され、日本人男子では初、女子を含めると昨年の大坂なおみに続く受賞を果たしている。


     メジャー4年目となった今季、二刀流でフルシーズンを戦い抜いた大谷。23試合に先発した投げては9勝2敗、防御率3.18、156奪三振をマークし、打者としても打率.257、出塁率.372、長打率.592、OPS.965、46本塁打、100打点、26盗塁と、連日のように話題を支配していた。


       今回の受賞には現地も盛り上がりを見せており、世界屈指の“大谷マニア”として知られる米放送局『FOX Sports』のベン・バーランダー氏は、公式Twitterで「ショウヘイ・オオタニがAP通信『最優秀男性アスリート賞』に選ばれた!」と興奮気味に反応し、「なんという栄誉だ」と感嘆の声を漏らしている。


     さらに、地元紙『Orange County Register』のエンジェルス番を務めるジェフ・フレッチャー氏は「これは野球の枠を超えたものだ」とツイート。さらに持論を掲載した記事内では、同僚のマイク・トラウトが同賞の選出歴がないこと伝えたうえで、「オオタニは二刀流選手としての歴史的な活躍でそれを成し遂げたのだ」と今季の快進撃を称えた。


     いまや競技の枠を超えて、時の人となっている大谷。はたして来季はどのようなパフォーマンスを披露してくれるだろうか。開幕後の活躍が今から楽しみだ。 構成●THE DIGEST編集部






    まだまだ止まらぬ大谷翔平の受賞ラッシュ! AP通信の「最優秀男性アスリート賞」選出に米感嘆「野球の枠を超えた」(THE DIGEST) - Yahoo!ニュース






    【海外の反応1】


    ・よくぞ言ってくれた。彼は驚異的なアスリートなんだ。

    【海外の反応2】

    昔は "アスリート・オブ・ザ・イヤー "と呼ばれていたんだよね。


    【海外の反応3】

    日本だけでなく、野球史上最も偉大な選手として語り継がれるかもしれん。とてつもない成功を収めたにもかかわらず、この子はとても謙虚に見える。



    【海外の反応4】

    ・世界一の野球選手、そしてスポーツマンオブザイヤーおめでとう。

    27歳の大谷なら、少なくともまだ10年はトップでいられる。ベーブ・ルースを超えるワールドベースボールのGOATとして引退するのはほぼ間違いないだろう。

    【海外の反応5】

    野球に興味がない人でも知っているのだから、評価は当然だと思う。




    【海外の反応6】

    ・大谷翔平選手、おめでとうございます!一貫して自信に満ち溢れ、常に謙虚なスポーツマンであり熟練したアスリート、そして世界の若者のための「真の」ロールモデルです。大谷選手の今後の活躍を祈念しています。




    【海外の反応7】

    ・私が大ファンだからと、妻から大谷翔平2021年MVPビーチタオルをプレゼントされたところさ。MLBはロックアウト期間中、労働争議中の選手の肖像権やイメージで利益を得てはいけないというルールで、記念品を封印しているそうだから、日本にいてよかったよ。




    【海外の反応8】


    このコメントは多くの人に否否定されそうだが…
    彼の投手としての9勝2敗という成績は、確かにア・リーグ投手の中でもトップクラスかもしれないし野球という競技自体が、確かにこの数年で大きく変わった。
    だが、私が若いころは、先発投手が成功するには10勝以上する必要があった。昔は15勝から17勝で先発投手として大成功とされた。そして、多くの投手が1シーズンのうちにその域に達していたんだ。だから、年寄りの私が9勝を誇らしく評価されてるのを見ると『メチャメチャ』だと思ってしまうんだ。


    ┗・1シーズンで46本のホームランを打った先発投手が何人いると思うんだよ?


    【海外の反応9】

    打撃力は否定できない


    【海外の反応10】



    ベーブ・ルースの再来だ。彼はそのくらい良い。フィールドに立った史上最高の一人。


    【海外の反応11】

    殿堂入りのキャリアを長く続けることも重要だ。10~15年はかけてやっていけるか。見ものだ。



    【海外の反応12】

    事実、昨年のエンゼルスは最悪だった。9勝は自慢できるものではないかもしれないが、チームを引っ張ることはできた。残念ながら大谷は、ランサポートやリリーフ投手の不調の犠牲となることが多かった。しかし、それはゲームの一部。ERAは、勝敗記録よりも投手の価値をより正確に表している。そして、彼のERA3.18は傑出していた。攻撃と投球のほとんどのカテゴリーでチームをリードする選手というのは、素晴らしいというほかはない。


    【海外の反応13】

    彼は堅実な選択であり、信じられないほどのアスリートだ。



    【海外の反応14】

    史上最も価値のあるMVP。




    【海外の反応15】

    彼は野球に何百万人もの新しいファンを連れてきた。価値は必ずしもフィールド上にある必要はない。スポーツは結局のところエンターテイメントビジネスであり、大谷その席に座るべき人だ。


    【海外の反応16】

    ルース以来の歴史的な野球の年だった。スポーツで最も難しい2つのこと、打撃と投球に秀でたことは言うまでもない。これほど歴史的に重要なことを成し遂げたアスリートは他にいない。











    以上翻訳元 
    One of a kind: Ohtani wins AP Male Athlete of Year award - Japan Today
         
    (2) One of a kind: Ohtani wins AP Male Athlete of Year award : baseball (reddit.com)

    このページのトップヘ