フロム・ソフトウェアのアクションRPG最新作『ELDEN RINGエルデンリング』のPC版がリリースされました。コンシューマー版であるPS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneは一足先にリリースされており、これで全プラットフォームでリリースしたことになります。

Metacritic海外レビューではPC版は95点(総レビュー数36件)をマークしており、かなりの高得点となっています。

『ELDEN RING』のPC版スペックは、必要環境でもストレージ60GB以上と高めのスペック設定となっていますが、PS5と同じくPCでも4K解像度やレイトレーシング機能に対応。高解像度のグラフィックで本作の世界に没入できる仕様となっています。

なお、Game*Sparkでは、「Core i7-7700」「GeForce GTX 1070」において各品質設定で何FPS出せるのかプレイレポートしています。











『ELDEN RING』PC版もリリース!Metacritic海外レビューでは95点の高評価(Game Spark) - Yahoo!ニュース











【海外の反応1】

・過剰にデザインされたゲームが多いこのジャンルにおいて、エルデンリングはほとんどすべての面で反抗的である。デザインにこだわり、その世界での道を切り開く責任をすべてプレイヤーに負わせることで、他のオープンワールドタイトルとは一線を画す作品に仕上がっている。
エルデンリングは、これまでの作品の欠片を集め、歴史に残る名作の1つとなった。デザインと創造性の勝利であり、オープンワールドゲームは、何をするかよりも何をしないかで際立った存在となったのだ。



【海外の反応2】

・エルデンリングは、約束されたものを確実に実現している。多少の不満はあるにせよ、ここ数年で最高のゲーム体験のひとつだ。その理由は、柔軟なクラスシステム、多彩な武器、進行の仕組みなど、強固なゲームプレイの基盤にあるばかりではない。濃密な雰囲気や、ミステリアスで魅惑的な舞台もその要因のひとつだ。
豪華で記念碑的な景色や密集したロケーションなど、暇さえあれば探索したくなるようなオープンワールドだけが理由でもない。むしろ、これらすべての素晴らしい資質が見事に組み合わさって、「エルデン・リング」を特別なものにしているのだ。
確かに、このゲームでは何度も足が止まり、進行がやや遅いため、ボスや場所を後回しにせざるを得なかった。しかし、そのたびに、自分の力を試し、より強く、より巧くなるために、何十もの場所を提供してくれるのだ。この試練と勝利のサイクルは非常に魅力的で、この先何カ月も楽しませてくれそうだ。



【海外の反応3】

・フロム・ソフトウェアの新作には多くの期待が寄せられているが、エルデンリングはその期待に応えてくれる。巧妙に作り込まれた世界で素晴らしい発見をするスリリングなアドベンチャーで、同スタジオが得意とする優れた戦闘やエンカウントがシームレスに組み込まれている。難易度の高さが気になる人もいるかもしれないが、「エルデンリング」は最後までやり遂げる価値があるほど素晴らしい作品だ。


【海外の反応4】
 
・エルデンリングは、ソウルライクというジャンルを見事に攻略し、驚くべき進化を遂げたフロム・ソフトウェアの野心を前進させた作品だ。エルデンリングは、宮崎作品のすべてのファンにとって夢のような作品だ。


【海外の反応5】

・フロム・ソフトウェアは「エルデンリング」で伝統的な作品というものを復活させたが、真の主役はその類まれなオープンワールドである。


【海外の反応6】

・PCへの簡易移植という技術的な問題と、オープンワールドという馴染みのある方式が私の機嫌を大きく損ねたものの、「エルデンリング」は魅力的な世界観、探索、戦闘を融合させた素晴らしい作品であることには変わりない。


【海外の反応7】

・エルデンリングは、新しい世界を探検したいハードコアゲーマーにお勧めの素晴らしいRPGだ。戦闘は重厚で、探索すべきダンジョンと戦うべきモンスターに満ちた素晴らしく魅力的な世界で繰り広げられる。唯一の欠点は、オープンワールドという形式によりアクセス性が向上したにもかかわらず、その高い難易度が一部のプレイヤーを遠ざける足かせとなることだ。


【海外の反応8】

・エルデンリング
ソウルシリーズ式の頂点だが、よりプレイしやすく、より倒しやすくなると思ってたのなら、その愚かな野望を捨てなければならないだろう。このオープンワールドでの冒険は芸術作品であり、間違いなく忘れられないものになるだろう。



【海外の反応9】

・エルデンリングは、手に入れたいと熱望する多くのプレイヤーたちを必ず満足させる絶対的な勝利である。



【海外の反応10】  

・フロム・ソフトウェアは、世界観の構築という点では、『SEKIRO』で見た彼らの最高の努力さえも凌駕して、さらにレベルアップしている。エルデンリングは、2022年に向けて絶対にプレイしておきたいゲームだが、ある程度の時間と忍耐力を用意しておこう。





【海外の反応11】

・25時間経過した今でも、次に何が出てくるかわからない。これだけの可能性を秘めた「エルデン・リング」だが、これだけの時間を費やしたのだから、もっと見せてもらわないと困ると思ってしまうのも問題だ。



【海外の反応12】

エルデンリングは、『blood borneやソウルシリーズ』ファン待望の次回作であ、それは誇大広告する価値のあるものだったのだろうか?もちろん、そうだ。





【PS4】ELDEN RING
フロム・ソフトウェア
2022-02-25


【PS5】ELDEN RING
フロム・ソフトウェア
2022-02-25


ELDEN RING
フロム・ソフトウェア
2022-02-25


【PS5】ELDEN RING コレクターズエディション
フロム・ソフトウェア
2022-02-25