_w850 (20)



南太平洋の島国トンガ諸島で15日午後5時10分(日本時間午後1時10分)ごろ、海底火山が噴火した。日本とアメリカでは、津波が発生する恐れがあるとして、各地の当局が太平洋沿岸地域の住民に海岸から離れるよう呼びかけている。 大規模噴火を起こしたのはトンガ沖にあるフンガ・トンガ フンガ・ハアパイ火山。その爆音は南太平洋全域に響き渡り、アメリカまで到達した。


この噴火で、1メートル以上の波がトンガに押し寄せた。 日本の気象庁は津波が予想されるとして、奄美群島・トカラ列島や岩手県に津波警報を、太平洋側の広い範囲に津波注意報を出した。鹿児島県奄美市小湊では15日午後11時55分に、1メートル20センチの潮位上昇が観測された。奄美群島・トカラ列島の津波警報は16日午前7時30分に、岩手県の津波警報は同11時20分に、それぞれ津波注意報に切り替わった。 アメリカの気象当局は、強い潮流や波、沿岸部で洪水が発生する恐れがあると警告。ハワイや西海岸の各地で潮位上昇が観測された。


■トンガの被害 トンガの首都ヌクアロファは、火山からわずか65キロの距離に位置する。同国の多くの地域は火山灰に覆われ、電力や電話回線、インターネットサービスがほぼ全面的に停止している。負傷者や被害の程度は今も分かっていない。 ソーシャルメディアに投稿された動画には、教会や複数の家屋の中に波が流れ込む様子が映っている。目撃者の話によると、火山灰は首都に降り注いだという。


https://twitter.com/JTuisinu/status/1482243845614374915
ソーシャルメディア上の動画には、低地から逃げようとする車で渋滞が起きている様子が映っていた。


住民のメレ・タウファさんは、家族が夕食の準備をしているときに噴火が起こったと語った。タウファさんの弟は近くで爆弾が爆発したと思ったのだという。


「私はまず直感的に、テーブルの下に隠れました。妹をつかんで、両親や家の中にいる人たちに同じように身を守るよう叫びました」と、タウファさんはニュージランドのニュースサイト「stuff.co.nz」に述べた。 気が付くと、家の中に水が流れ込んできていたという。

「至る所で悲鳴が聞こえました。安全な場所を求めて、みんな高台に避難するよう叫んでいました」 トンガの地質学サービスによると、火山から流れ出るガスや煙、灰は上空20キロの高さにまで達したという。 ■近隣の島国の状況 フィジーの首都スヴァの当局によると、最初の8分間の噴火は非常に激しく、約800キロ離れた同国でも「大きな雷鳴」のような音が聞こえたという。

フィジー政府は津波注意報を発令し、沿岸部の住民に避難所を開設した。ヴァヌアツも同様の警告を発した。 オーストラリアの東海岸と南部タスマニア島の一部にも津波警報が発令された。豪政府の報道官は、スコット・モリソン首相とマリーズ・ペイン外相が状況を監視しており、要請に応じて支援を提供する用意があると説明した。

トンガから2300キロ以上離れたニュージーランドの国家危機管理庁は、北島の北部および東部の沿岸地域で「強くて異常な潮流や、海岸での予測不可能な潮位の上昇」が発生する可能性があると発表した。 ニュージーランド・オークランド大学の火山学者、シェーン・クローニン教授は、今回の噴火はトンガで起きたものとしては過去30年で最大規模だと述べた。


「かなり大きな噴火だ。少なくとも過去10年間で、より重要な意味をもつ噴火の1つと言える」と、クローニン教授はBBCに語った。

「最も注目すべき点は、噴火がいかに速く激しく広がったかということだ。今回の噴火はより大きく、横方向に広く、より多くの火山灰を噴出した。トンガに降り積もった灰は厚さ数センチに及ぶと思われる」 ニュージーランドの気象予報機関「ウェザー・ウォッチ」は、「今回の噴火によるエネルギーの放出はただただ驚くべきものだ」とツイート。「ニュージーランド全土でソニック・ブーム(衝撃波によって生じる爆発音)を聞いたとの報告が複数上がっている」と付け加えた。


(英語記事 Get away from shore - US and Japan warn on tsunami )




【海外の反応1】

・噴火とはマグマを放出し、水蒸気を発生させ、太平洋に津波を引き起こす自然の強大さを示すイベントなのだ。


【海外の反応2】

・皆さん、ご安全に。
私たちにまで影響が及ぶということは、トンガの近くの島々は大変なことになっているのですね。みなさんが無事であることを祈っています。


【海外の反応3】

トンガからは、2011年を彷彿とさせるような津波が押し寄せ、家屋が浸水する恐ろしい光景が伝わってくる。トンガは間違いなく緊急支援が必要。


【海外の反応4】

・ここニュージーランドでも被害が出ている。



【海外の反応5】

・ここ奄美では今のところ大丈夫です。
避難してきた方も数人帰宅しています。
フレンドリーアイランドに幸多かれと祈ります。


【海外の反応6】

・衛星からの映像はやべえな!


【海外の反応7】

リンク先の最初の数秒の動画だけでもやばい。トンガにいる人々の怪我については不明。





【海外の反応8】

・おおげさだな


【海外の反応9】

一晩中津波注意のアラームが鳴りっぱなし。すべてのデバイスの電源を切らなければならなかったが、ある意味良いことかもな。トンガの皆さんも無事であることを祈っているよ。



【海外の反応10】


津波は、自分は決して危険な目に遭わないと過信している人にも、等しく大きな被害を与える。環太平洋に位置するカナダのブリティッシュ・コロンビア州の沿岸部でも警報が発令された。

https://www.emergencyinfobc.gov.bc.ca/tsunami-advisory-bc-jan15/


【海外の反応11】

2011年の東日本大震災を経験した者から言わせてもらうが母なる自然には手を出さない方がいい。

大げさにパニックになることはない。毎年、このような事態を想定した防災訓練を行っているんだから。みんな真剣に警告を受け止めている。


【海外の反応12】

・太平洋の島のみんなが元気であることを祈っています。
地球科学が専門なので、火山噴火の美しさ、自然の力にいつも感動しています。



【海外の反応13】


「1.1mの津波」なんて逆にどうやって気づいたんだろう?


┗・海岸沿いには計測器があるじゃん。


【海外の反応14】

・津波は通常、地震によって引き起こされます。しかし、今回は海底火山の噴火によって引き起こされたのです。当然、気象庁から最初の津波警報は出ていませんでした。
この未曾有の規模の海底噴火で不思議なのは、噴煙の周りがほぼ真円になることです。
海底火山の噴火は、まだまだ未知の部分が多いようです。


【海外の反応15】

2011年以降、政府が建設した防潮堤は、ようやくその力を発揮しそうだ。10メートルの波にも耐えられるように設計されていることを考えるとね。


【海外の反応16】

トンガにとって悲劇的な時間。早く回復することを願っている。自然はとても美しくとても暴力的である。