これは、本日(2021年12月13日)開催された“TSUBURAYA CONVENTION 2021 SPECIAL PROGRAM”にて発表されたもの。


 『SSSS.GRIDMAN』は、円谷プロダクション制作による特撮番組『電光超人グリッドマン』(1993年~1994年放送)をもとに、2018年に放送されたテレビアニメ。アニメーション制作はTRIGGERが担当しており、2021年には同作のスタッフが再集結して制作された『SSSS.DYNAZENON』が放送されている。今作は、『SSSS.DYNAZENON』に引き続き、完全新作の映画となる。


監督は『SSSS.GRIDMAN』と『SSSS.DYNAZENON』から引き続き雨宮哲氏が担当。雨宮氏は「アニメ映画としてグリッドマンを制作いたします。シリーズ初の劇場版として、少しでも多くの人に触れていただけるよう力を尽くしたいと思います」とコメントしている。そのほか、脚本を長谷川圭一氏、キャラクターデザインを坂本勝氏、音楽を鷺巣詩郎氏が務めることも明らかになっている。



 公開された劇場版制作決定のビジュアルには、グリッドマンとダイナレックスが描かれている。どのような内容になるか、期待に胸が膨らむが、公開日や出演キャストなどの詳細な情報はまだ未発表のため、公式サイトや公式Twitterから発せられるであろう続報に注目しよう

『グリッドマン×ダイナゼノン』完全新作劇場版(仮称)が制作決定! グリッドマンとダイナレックスが描かれたビジュアルも公開 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com (famitsu.com)








【海外の反応1】


グリッドマンユニバースは続く。


【海外の反応2】

みんながひとつになる壮大なクロスオーバーの時間だ!


【海外の反応3】

・勢いが
止まらない!



【海外の反応4】

・是非、お願いします!



【海外の反応5】

なんてこった。かかってこいや。


【海外の反応6】

・イエス!イエス!イエス! やった!やったーーー!


【海外の反応7】

この冬も続報が続々登場!


【海外の反応8】

・目を覚ました瞬間からエキサイティングでした。
こんなに早く詳細情報のティーザーが出るとは思っていませんでしたよ。



【海外の反応9】

・グリッドマンとダイナゼノンの共演、そして必然の合体フォームに期待。


【海外の反応10】

まいったなー。これは素晴らしい。


ただ、日本で映画が公開されてから、しばらく待たないといけないのが残念。というわけで・・・。皆さん、ネタバレに気をつけてね。


【海外の反応11】

・ダイナゼノンの未解決の伏線をちゃんとまとめるのか、そうでないのか、どっちなんだろう?いずれにせよ、楽しみ。





【海外の反応12】

・映画の方がテレビ放映でのクロスオーバーよりは価値があると思う。






【海外の反応13】

・最終回で電光超人になったはずのグリッドマンがSSSSのデザインに戻る理由は何なのか、ちょっと気になりますね。




【海外の反応14】

楽しみですが、2つのストーリーをきちんと繋げるために、映画が急ぎ足にならないか、ちょっと心配です。


【海外の反応15】

想像を絶するほどハイテンションになったよ。


【海外の反応16】

アズールレーン×SSSSのコラボを丸々2週間かけてプレイしたら、またシリーズに気合いが入った。

ダイナゼノンめっちゃ良かった。2021年からのアニメで一番好きだった。




以上翻訳元  Gridman X Dynazenon Movie Officially Announced - Tokunation