ドイツから児童のヌード写真集を輸入し逮捕された漫画家、「どうしても欲しくなった」と供述。  逮捕されたのは千葉県船橋市の漫画家、鈴木健也・容疑者(40)です。


 警察によりますと、鈴木容疑者は去年9月から10月にかけて、ドイツから児童のヌード写真集6冊を輸入した、関税法違反の疑いがもたれています。


」 取り調べに対し、鈴木容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、「日本では手に入らない海外のヌード写真集が、どうしても欲しくなった」と供述しているということです。


 警察は、鈴木容疑者の自宅から児童ポルノの写真集を46冊押収。


 このうち41冊が海外のものでした。  また、名古屋税関は20日、鈴木容疑者を名古屋地方検察庁岡崎支部に告発しました。  鈴木容疑者の代表作、「おしえて!ギャル子ちゃん」は2016年にテレビアニメとして放送されています。




【海外の反応1】


・ペドなら日本はパラダイスに違いないのにこのバカはわざわざ海外から日本国内に児童ポルノを持ち込んで捕まったのか!?


【海外の反応2】

・誰がそんなこと気にするんだ 。毎年、何千人ものクリエイターや作家がいる。その中にはおかしな奴もいるはずだ。ただ、警察が仕事をしていることが嬉しい。あと、ドイツにも連絡して、ドイツで子供を搾取している奴も捕まえられるようにしてほしい。


【海外の反応3】

・いやーん。


【海外の反応4】

むかつく。なんでこんなの問題になるんだ?コメントも図々しいし。キモイ。


【海外の反応5】

・またもや気持ち悪い漫画のhentaiが現れた。もう驚きはない。

牢屋に入れとけよ。


【海外の反応6】

・日本では平手打ち程度の軽犯罪なんでしょ?

日本 - おそらく世界で唯一、児童ポルノの所持よりも、わずかな量の大麻の所持の方が問題になる国だ。

それはとても間違っている。


【海外の反応7】

・日本では大したことではない。和月伸宏(るろうに剣心の作者)が20万円の罰金をはらって釈放されたように。
ヨーロッパで指名手配されて、児童ポルノ罪で送還されない限りは。


【海外の反応8】

なぜここでこんなにも問題になっているのか?
かつて日本では児童ポルノは合法だった。東京オリンピックを控えた外国からの圧力で違法となっただけだ。


【海外の反応9】

・ペドは本当に死刑でいい


【海外の反応10】

youtubeの映像を見ると、何十年も前に出版されたヌード写真集であることがわかります。私が子供の頃、イギリスの新聞販売店で見た記憶があります。ということは、写真の子供たちは今頃、老後を楽しんでいるのでしょうね。


【海外の反応11】

・この見知らぬ男が罰せられることを願う。


【海外の反応12】

私の妻がバーで地元の男性2人の会話を聞いたことがあるのですが、彼らは自分たちの好みは12歳の女性だと言っていました・・・それが彼らの「スイートスポット」なのです・・・そう、彼らは子供たちが好きで、それが気持ち悪い!


【海外の反応13】

・多くの漫画やアニメは、短いスカートを履いた未成年の少女がスカートからのパンチラをしているものが多い。だが、今更じゃないか?

この手の漫画が増え始めた90年代以降、漫画界がhentaiに侵食されている時代のものだ。


【海外の反応14】

・ワロタ。


【海外の反応15】

・彼は、自分の児童性愛漫画のためのアイデアを探していた可能性が高い。


【海外の反応16】

・漫画で少女をフェティッシュ化することは、日本におけるポルノ中毒の蔓延の一症状でしかない。