バンダイナムコエンターテインメントは、家庭用『ドラゴンボール』ゲーム新プロジェクトとして、『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』をPlayStation 4/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Steam)で発売すると発表。発売時期は、2022年となる。

バンダイナムコエンターテインメントは11月17日、家庭用『ドラゴンボール』ゲームの新プロジェクト、『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』を発表した。


   本作の対応プラットフォームは、PlayStation 4(以下、PS4)/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Steam)。発売時期は、2022年となる。


   また、本日より公式ウェブサイトや公式Twitterをオープンし、第1弾PVを公開している。PC(Steam)でクローズドβテストを近日開催するとのことなので、続報にも期待したい。


  以下、リリースを引用   今度の『ドラゴンボール』家庭用タイトルは、非対称型アクションゲーム!戦闘力5の君たちに贈る、究極の脱出劇――  『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』は、『ドラゴンボール』の代表的なライバルたち「レイダー」と、超戦士のようなパワーを持たない非力な一般市民「サバイバー」に分かれて、1対7で繰り広げる非対称型アクションゲームです。


   サバイバーの目的は、強力なレイダーの目をかいくぐりフィールド上から脱出すること。一方レイダーの目的は、サバイバーの脱出を阻止し、全員を倒すこと。


   プレイヤーはどちらかを選択し、それぞれのスキルやアイテムを駆使して勝利を目指しましょう!

  『ドラゴンボール 』ならではの“圧倒的戦力差”を、その手で体感せよ!

   また、本作は『ドラゴンボール ゼノバース2』と世界観を共有しており、実際にゲーム内でもセーブデータを介して連動を予定しています。

   今後はこの2タイトル間で連携を取りながら運営を続けてまいります。詳細は後日発表いたしますので、要チェック!
  【公式ウェブサイト】 https://dbas.bn-ent.net/
  【「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」公式Twitter】 https://twitter.com/DB_THEBREAKERS
  第1弾PVを公開中!  本作の世界観を詰め込んだ第1弾PVを公開いたしました! あらゆる手段で抵抗するサバイバーと、それを追い詰めるレイダーを描いた映像となっておりますので、ぜひご覧ください。


  【第1弾PVはこちら】 https://www.youtube.com/watch?v=Z8h3C2spt4E   PC(Steam)にてクローズドβテストが近日開催決定! 詳細は後日発表!


 本作はユーザーの皆様と一緒にゲームを作り上げていきたく、ゲームプレイに対する皆様の率直なご意見を伺うことを目的に、クローズドβテストを近日開催いたします。日時などの詳細は後日発表を予定しております。いち早く本作をプレイできるチャンスですので、ぜひご応募ください。


    【ゲーム情報】 タイトル:ドラゴンボール ザ ブレイカーズ ジャンル:オンライン非対称型アクション 販売:バンダイナムコエンターテインメント プラットフォーム:PlayStation 4/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Steam) 発売日:2022年 価格:未定 プレイ人数:1人(オンライン対戦時 最大8人)

CERO:審査予定   文● ASCII

セルやフリーザに襲われる恐怖――非対称型アクション『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』が発表!(アスキー) - Yahoo!ニュース


【海外の反応1】

・これがホントのセルゲーム。


【海外の反応2】

・ヤムチャ、ミスターサタン、レポーター達...このゲームには、素晴らしいキャラクターの選択肢があるね。


【海外の反応3】

・IPでいつもと違うことをしたことを賞賛するよ。


【海外の反応4】

・ここ数年のドラゴンボールの中で最もクリエイティブな作品だと思う。


【海外の反応5】

・このゲームのより正確なタイトルは「悟空ーっ!!!!はやくきてくれーっ!!!!」であるべき。




┗・それ「ワンパンマン」の格闘ゲームのコンセプトだったんだよ。サイタマをチームに選んだ場合、サイタマが実際に試合に出るまで耐え続けないといけないんだ。

     



【海外の反応6】

・最初にこれを見たとき、「ああ、またDBZのゲームか」と思ったら... 巻き込まれた一般人としてプレイすることになり、 ウーロンになって遊べるだなんて!

後々出番が減るドラゴンボールのキャラクター達を増やしてくれないかな?ランチとか。


【海外の反応7】

・私はこの手のゲームにはあまり興味がないのですが(一緒に遊ぶ友達がいないから)、これはちょっと良さそうですね。


【海外の反応8】

・病みつきになりそう。キャラクターになりきってプレイできるといいね。ブルマやウーロン達は、それぞれ固有の能力を持っているのかな?


【海外の反応9】

・これが60ドルでないことを祈ります。いや、40ドルでもいいです。


【海外の反応10】

・7v1v1にするべき。余分なv1はベジータと彼のエゴだ。セルにみんなを吸わせてパーフェクトセルにするのか、セルを倒すのか選べるのさ。


【海外の反応11】

・これはとてもいいアイデアだと思います。ただ、少し洗練されていないようにも見えます。理由を挙げるとすれば、動きが「ロックマンレジェンド」に少し似ていることでしょうか。


【海外の反応12】

・脱出に成功したら、パワードファイターとしてリスポーンして、他の人の脱出を手伝うというのもいいと思う。

脱出する前にサイドオブジェクトをクリアすることで、より強力なキャラクターとして生まれ変わることができるとか。

脱出してリスポーンした他の人の協力と、それなりの戦闘力+技術の組み合わせで悪役を倒すこともできるとか面白そう。


【海外の反応13】

・天才的なコンセプト...実際のプレイについては見てみないとわからない。
あと、ヤムチャはもっと必要。


【海外の反応14】

・ヤムチャが出てくるDLCが待ち遠しいぜ。


【海外の反応15】

・私はどうしてもウーロンとしてプレイしたいので、素晴らしい一人用モードをつくってくれる様にバンダイナムコの神に願い祈ります。いつしても面白いゲームの一つになるかもしれませんね。





以上翻訳元 The Next Dragon Ball Is A Horror Game Like Dead By Deadlight (kotaku.com)