エンゼルスの大谷翔平投手(27)は3日(日本時間4日)に敵地シアトルでの今季レギュラーシーズン最終戦のマリナーズ戦に「1番・DH」で出場し、初回先頭で11試合ぶりの一発となる46号を放った。日本人選手では2007年の松井秀喜(ヤンキース)以来、14年ぶり2人目のシーズン100打点に到達。これで史上初の投打5部門で100超えを果たした。3打数1安打1打点、2四球、2三振。本塁打王は逃したが今季全米を席巻した二刀流が有終の美を飾った。



 有言実行弾で敵地Tモバイル・パークを沈黙させたのは初回だった。相手先発の左腕アンダーソンのカウント1―1からの内角高めの86・4マイル(約139キロ)のカットボールをフルスイング。角度20度で打ち出した112・9マイル(約181・6キロ)の光速ライナーはあっという間に右翼席中段に突き刺さった。

 試合前のオンライン会見で「変わらず、1打席、1打席、自分の打席を最後までしたいなと思っています」と話した通りの一振りでワイルドカードでのプレーオフ進出を目指していたマリナーズの夢を砕いた。

 飛距離418フィート(127メートル)の一発は今季4本目の先頭打者弾。本塁打王争いトップに並ぶロイヤルズのペレス、ブルージェイズのゲレロに2本差とした。同時にシーズン100打点に到達。これで史上初の投打5部門(投球回、奪三振、安打、得点、打点)の100超えを達成した。

 2回一死二塁は敬遠四球、4回一死無走者は3番手の左腕ミシェビッチに見逃し三振、5回二死三塁は敬遠四球。今季最後の打席となった7回二死無走者は6番手の左腕ドゥーリトルに空振り三振だった。

 最後に意地を見せてくれたが、残念な思いも残る。オールスター戦前に33本塁打をマークして2位のゲレロに5本差をつけて折り返し、日本人選手初の本塁打王、60本塁打も期待された。しかし、8月以降、疲労に加え、徹底マークにあって急失速。9本しか上積みすることができなかった。一方、ペレスは22本、ゲレロは15本と量産し、逆転を許した。

 しかし、「貴重な経験をさせてもらってるな、という印象。そういうふうにいろんな選手から刺激をもらって1年間、いいシーズンを過ごせたっていうのは選手としていい経験になったなと思ってます」と前向きだ。

 また、投手でも1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利&2桁本塁打」にあと1勝としながら味方打線の援護がなく3度失敗。中6日で登板可能だったこの日の登板を見送った。

 大谷は「投げる、投げない、どっちが一番、自分にとって、チームにとってもそうですけど、いいのかなというところですかね」と投げない方がいいという選択になったと説明した。

 プロ9年目で初めてシーズンを通じて二刀流でプレーし、途中離脱することなく完走した大谷は満足感でいっぱいだ。

「より多く試合に出られたというのは単純に楽しかったですし、それだけ試合に貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいがあると思う。すごい楽しい1年だったかなと思います」

 今年、大谷が残した記録は数えきれない。ア・リーグ史上初の「45本塁打以上、25盗塁以上、100得点以上」というものもあれば、135年ぶりの「150奪三振&150塁打」など歴史を掘り起こしたものもある。史上初めてオールスター戦に二刀流で選出され、勝ち投手にもなった。間違いなくア・リーグMVPだ。

 本塁打王獲得、103年ぶりにルースに並ぶことは果たせなかったが、楽しみを先送りしたにすぎない。進化を続ける二刀流は来季も日米に興奮と感動を巻き起こす。

東京スポーツ

「すごい楽しい1年」有終46号大谷翔平100打点突破! HR王逃してもMVP当確の〝記録ラッシュ〟(東スポWeb) - Yahoo!ニュース














【海外の反応1】

・MVPだ。議論の余地すらないはず。彼は誰もが認める野球のMVP。
もし彼がキャリアを通して健康であり続ければ、彼はベーブ・ルース2.0として不滅になるだろう。





【海外の反応2】

この人はMVPです。そうでなければ、私はもうメジャーリーグを見ないでしょう。





【海外の反応3】

・信じられない。彼には尊敬の念しかないよ👍。




【海外の反応4】

最高のバッターでありピッチャーでもある彼を誇りに思う
神のご加護と健康を祈ります





【海外の反応5】

・イチロー:「ショウヘイは世界最高の選手になるはずだ」
YES。彼はMVPだ。




【海外の反応6】

・SHOW ME THE MONEY(論より証拠)...大谷の最後の一撃...世界中が彼の次のシーズンに期待を寄せている...。




【海外の反応7】

・まさか!?先発投手として100打点を達成した。
信じられない





【海外の反応8】

私はフランス人で野球はほとんど見たことがありませんでした。しかし、大谷選手の活躍を見るためにMLBチャンネルを見るようになりました。私のような初心者でも、彼がいかに優れているかわかります。彼は世界のトップアスリートです。




【海外の反応9】

・大谷選手、オフシーズンはゆっくり休んで。
あなたにはその価値があるよ。

総合的なバッターとして、また、しっかりとしたピッチャーになることに集中すれば、あなたは伝説になる道を歩むことができる。単なるMVPや殿堂入りではなく伝説になるんだ。ホームランダービーに参加したりMLBには利用されないようにしてくれ。あなたの焦点は、自分自身とチームのために最高の選手になることでありリーグの宣伝のためでは無いのだから。実際、エンゼルスがあなたとトラウトを有能なチームで囲わなければ、あなたは自分の将来について考えるべき。誰にも頼らず...ファンにも頼らないで。まずは自分を大切にしてほしい。




【海外の反応10】

・私はヨーロッパ出身でここでは野球は流行ってない。だが15年前に1年間日本に住んでいた時に高校野球に夢中になった(ハンカチ王子の斎藤祐樹vs田中将太の年)。欧州ではグローブや野球ボールを見つけることはできないし、2000年代半ばではストリーミングという選択肢もなかった。


今年の4月下旬、私はハンカチ王子の名前を思い出せなかったので、YouTubeで2006年の甲子園の決勝戦を調べた。その数日後、私のおすすめにMLBの翔平のハイライト動画が入っていた。その時点ではプロ野球への興味はゼロ。大富豪が中途半端にプレーするよりも、日本の高校野球の血と汗と涙の結晶を見たいと思っていた。

...... その動画には大谷が同じ試合で投球と本塁打をしているものだったんだ。私は、自分が見ているものが信じられなかった。.....、甲子園に出場する子供たちと同じような意欲と決意を持った信じられないほどの才能。
私の人生に野球を取り戻させてくれた大谷翔平さんには一生感謝したい。


6~9時間の時差で眠れない夜が続いているけど今はとても幸せだ。ありがとう、Shohei。Love ya. Otsukaresama deshita!(原文そのまま)






【海外の反応11】

・大谷選手は常に自分との戦いに挑んでいます。野球が好きで、野球が楽しくて、純粋に野球がうまくなりたいと思って努力している。
その姿に惹かれる野球ファンは多いのではないでしょうか。彼のおかげでメジャーリーグを見ることができたという人も多いのではないでしょうか。
間違いなくMVPは彼です。



【海外の反応12】

・MLB史上初の記録 100IP,100K/100H,100RBI,100R  
46HR-26SB おめでとう



【海外の反応13】

・100打点達成は本当に嬉しい。最初の打席が唯一のチャンスだと思っていたよ。シアトルはその後、彼に投球するつもりがなかったからね。

素晴らしいシーズンの締めくくりになった。 来年、トラウトとレンドンが元気になって彼を守ってくれるようになるのが待ち遠しいね!彼が常に歩かされることは無くなるだろう。エンゼルスがこのオフに先発投手とブルペンを獲得することを祈ってる。




【海外の反応14】

・最後に1本ホームランを打って、100打点を達成するのはいい気分でしょうね。




【海外の反応15】

・シーズン最終戦でホームランを打ってくれて嬉しい。




【海外の反応16】

・ホームランを打って一塁を回るときのポーズがかっこいい。





【海外の反応17】

・大谷翔平はシーズンMVPだけでなく、人々が一生に何度か目にする歴史にもなった。





【海外の反応18】

・これだけの注目度を復活させたのだから、MVPになるには十分だろう。




【海外の反応19】

・今年のMVP。来年のMVP。怪我をしていなければ、今後5年間のMVP。




【海外の反応20】

開幕当初、大谷は左投手を極端に苦手としていた。しかし、今はそれを克服しつつある。




【海外の反応21】

46本塁打、25+盗塁、8三塁打、100打点、150奪三振。MLBの151~152年の間に誰もやっていない。



【海外の反応22】

彼の驚くべき歴史的なシーズンを締めくくるのになんと美しい方法であろうか!!!。100打点YESSSSSS!!!!!!!!
MVP! MVP!








以上翻訳元 SHOHEI OHTANI LEADOFF BLAST! His 46th homer of the year - YouTube