中国、若者を「コントロール」するためにポップカルチャーを取り締まる

    _w850 (1)
   

   
リアリティ・テレビからオンライン・ゲーム、さらにはポップ・ファンまで、中国の指導部は「イデオロギー・コントロール」を強化するために若者の文化の取り締まりを開始したと専門家は述べている。

一連の抜本的な対策の中で、北京は現代の娯楽の行き過ぎをチェックし、ソーシャルメディアのプラットフォームに愛国的なコンテンツを促進するよう求めている。

当局は、不健全な価値観や「異常な美学」を対象としているとしているが、この動きは外部からの影響をチェックし、共産党への抵抗を封じ込めるためのものだとアナリストは言う。

テキサスA&M大学のメディア研究者であるCara Wallis氏は、AFPに次のように語っている。「今回の変更は、イデオロギー的なコントロールを強化するための非常に協調的な努力を表しています。

中国では、日本や韓国のポップカルチャーや有名人のゴシップに触発されたブートキャンプ形式のタレント番組など、カラフルでしばしば突飛なエンターテイメント形式が過去10年間で急増している。

その結果、中国は世界最大のビデオゲーム市場となりました。

規制当局は、退廃と退廃的なモラルを警戒して、エンターテインメントとゲームの業界を抑制しようとしています。

規制当局は、一線を越えたとされる映画スターを見せしめにしたり、リアリティのあるタレントショーを禁止したり、放送局に「シスター」と呼ばれる男性や「低俗なインフルエンサー」の出演をやめるよう命じたりしている。

また、子供たちがビデオゲームに費やす時間を毎日制限しています。

SOAS中国研究所のスティーブ・ツァン所長がAFP通信に語ったところによると、当局は、中国の若者にとって「(共産党が)精神的・思想的な指導を行うことに代わるものを存在させる」娯楽の魅力に脅かされているという。

欧米との緊張関係が高まる中、中国は国内でも国粋主義的、軍国主義的なストーリーを押し進めており、「Wolf Warrior」などの大ヒットアクション映画に見られるようなタフな男らしさのイメージもあります。

習近平国家主席は今月、共産党の若手幹部に「決して意気地なしの臆病者になってはならない」と警告した。

規制当局や国営メディアは、中国の若い男性に悪影響を及ぼす外国の影響を懸念している。

党が運営するタブロイド紙「環球時報」は先週、東アジアで流行している「女々しい」男性有名人は、第二次世界大戦後に日本の男性を弱体化させようとしたCIAの陰謀にルーツがあると指摘した。

ニューカッスル大学のメディアとジェンダーの研究者であるアルトマン・ペン氏は、「若い世代の質に関連した国家の将来の繁栄に対する恐れがある」と述べています。

彭氏はAFP通信に対し、北京が迫り来る人口危機に対処するために出産を奨励していることから、これらの措置は、将来の親に中国で「子供を育てることが安全である」ことを示すための努力でもあると語った。

党は、中国の若者が消費する娯楽や文化によって、若者の質が脅かされていると判断しています。

中国の若者が見たり聞いたり読んだりするものをコントロールすることは、長い間、政策として行われてきました。インターネットの厳しい検閲や、近年ではピアスやタトゥーをしている男性、「下品な」ヒップホップの歌詞をしている男性を取り締まることもありました。

そして今、この管理は、中国の若者が遊ぶものにも拡大されつつあります。

規制当局は、中国の大手ゲーム会社に「不健全な傾向」を抑制するよう命じ、その結果、数百社のゲーム会社が「拝金主義」や「政治的に有害」なコンテンツを公開しないことを誓っています。

党は、子供たちに全く異なるロールモデルを推し進めている--習主席自身の政治思想が今学期、小学生に紹介されたのだ。

アナリストによると、北京の行動は、何十年にもわたる急激な経済成長と横行する消費主義から生まれた問題のある社会的傾向を抑制したいという願望によるものでもあるという。

テクノロジー企業は8月、子供たちが画面に向かって長時間過ごすことへの懸念が高まったため、学校の学期中、子供たちのオンラインゲームの時間を週3時間に制限することを余儀なくされた。

ポップスのスーパーファン(スタン)は、最近の取り締まりの対象となっています。

中国のサイバースペース当局は6月、アイドルを応援するファンによる浪費を指摘し、「未成年者の身体的・精神的健康に悪影響を与えている」としてファングループを非難した。

今回の措置の対象となったのは、韓国のスーパースター、BTSの中国のファンたちです。あるグループは、バンドメンバーの誕生日を記念して、旅客機の特別なカラーリングをクラウドファンディングで実現しました。

しかし、中国の若者たちは、門限を逃れるために大人のゲームアカウントを購入するなどして、この新しいルールを回避しています。

また、21歳のリアリティショーのファンであるSuさんのように、このルールが過剰であると考える人もいます。

「私はすでに大人であり、自分で判断する能力を持っています」と苗字だけで語った。「このような画一的な規制は、多様性の発展にはつながらない」と語った。


     





【海外の反応1】

若者を洗脳して党の狂信者にする。ナチス党は、音楽や本などドイツ語以外のものを禁止した。今、それを再現しているのが中国共産党だ。中国がナチスドイツと同じように世界への道を歩んでいることを示す指標があまりにも多い。

行動や思想の自由を気にする必要はない。ただ、自由な意思も多様性や革新のためのインスピレーションもない党のドローンにするだけ。自分たちが「リーダー」だと思い込んでいるうんざりするような老人たちに囲まれて暮らすのはなんと恐ろしいことだろう。

中国共産党の下では、中国に良い未来はあり得ない。





【海外の反応2】

党が運営するタブロイド紙「グローバルタイムズ」は先週、東アジアの「女々しい」男性有名人の傾向は、第二次世界大戦後に日本の男性を弱体化させるためのCIAの陰謀にルーツがあると示唆しました。

いったいCIAがJ-POPやK-POPに何の関係があるというのでしょうか?

彼らの陰謀論は信憑性に欠けています。アジアのポップスは一般的に私の好みではありませんが、誰もがどんな音楽ジャンルに対しても情熱と創造性を表現する権利があると思います。

これは、共産主義の中国が理解していない表現の自由でもあります。

私は、北朝鮮や中国のように「愛国心」で洗脳されたり教え込まれたりするよりも、このような音楽やサブカルチャーを好む若者がいることを望んでいます。

中国共産党の純粋な狂気を感じます。

【海外の反応3】

・この国は日に日に酷くなっています。

私は中国と香港に滞在したことを覚えていますが、それは1997年以前のことで、絶対に素晴らしかったです...香港では。

その時も中国は酷かった。

つい先日、youtubeで香港についてのビデオを見ましたが、そこでは中国人の女の子が、香港の状況が日に日に悪くなっているので、多くの若者が香港を出ようとしていると言っていました。特に若い世代にとって。

彼女はまた、ここ数年、あまりにも多くの中国本土の人々が、中国本土よりも香港での生活の方が良いと考えて、中国から香港に移住していると訴えていました。

彼女は、香港での独立した生活はとっくに終わっているので、若い世代はカナダやアメリカ、ヨーロッパへの移住を望んでいると語った。




【海外の反応4】

・中国の若者をターゲットにすることで、21世紀の天安門広場のようなイベントを引き起こす危険性が非常に高い。




【海外の反応5】

・中国の若者が見たり聞いたり読んだりするものをコントロールすることは、長い間、政策として行われていた。インターネットの厳しい検閲や、ピアスやタトゥーをしている男性、「下品な」ヒップホップの歌詞をしている男性に対する近年の取り締まりなどがある。

私もこの考え方には」賛同できるかも...。



【海外の反応6】

・彼らはあなたの個人的な自由を侵害している。問題は、あなたがそれを受け入れるのか、それとも中国に反撃するのかということ。私はこれが習近平の尻に噛みつき中国の人々が一斉に共産党に対して立ち上がることを期待してるよ...




【海外の反応7】

・若い世代が外部からの影響を受けないようにしようとすると、より多くの外部からの影響を求めるようになる。

中国はいつものように偽善的。






【海外の反応8】

私の娘は日本のポップカルチャーに囲まれて育ちました。私は娘を何度かコンサートに連れて行きましたし、その間に観光もしました。5年前に家を出てから凍りついた娘の部屋には、今でもポップスのポスターが飾られています。5年前に家を出て以来凍りついていた彼女の部屋には、今でもポップスのポスターが飾られています。しかし、彼女は健全で、私はやり過ぎないように見守っていました。子供を取り締まるのは親の仕事であって、国の仕事ではありません。子供の人生に積極的に関心を持てば、国の介入は必要ありません




【海外の反応9】

・中国は基本的に、10年後には北朝鮮のようになるだろうね。




【海外の反応10】

・あと数年もすれば、誰もが毛沢東と同じような服装になるでしょう。中国人には気の毒ですが、中国共産党には嫌悪感しか感じません。




【海外の反応11】

・中国が強要していることはそれほど悪いことでもなく、むしろ20世紀前半から半ばのモラリズムのようなもの。西洋社会は自己満足に浸るのをやめて、60年代以降に染み付いた退廃的な腐敗を元に戻す必要がある。




【海外の反応12】

・間違った行動。中国共産党は、自分たちがまだ国民に対して力を持っていると思っているんだろう。自由が減り、反対意見が増える。



【海外の反応13】

・興味深い

どうやって施行するかによりますね。日本のように、政府が何かを言っても、それを実行しないのでしょうか?何人かを選んで見せしめにするのでしょうか?それとも、文化大革命2のように国をひっくり返して、カルト的な冒涜者が落ちてくるのを待つのでしょうか?

老人たちは恐れている。老人たちは、麻薬犯罪やギャングのいるアメリカの都心部を見て、同じような状況を望んでいません。




【海外の反応14】

・もし中国共産党が明日消えてしまったら、世界ももちろん中国も、より良い場所になるだろう。




【海外の反応15】

・ああ...中国ではもうすぐ本を燃やすようになるのね。もしあなたが逃げられるのであれば、逃げることをお勧めします。自分の身を守れるのであれば、攻撃されることを覚悟しましょう。そして、民主主義国はそろそろ中国のファシズムへの転落を助長するのをやめるべきです。つまり、中国との貿易をやめるべきです。





【海外の反応16】

・習近平がこのまま続けば、中国では日米以上に不人気になるだろう

習近平は以前から中国では不人気でしたが、マスコミはそのことに触れてはいけません。習近平は自分の敵のリストを増やしただけであり、ひいては自分の曲芸にまた一つ、鋭くて非常に重いかもしれないナイフを加えただけなのだ。遅かれ早かれ、失敗して自分を刺すことになるだろう。その時こそ、中国では本当に面白いことが起こるだろう。







以上翻訳元 China clamps down on pop culture in bid to 'control' youth - Japan Today