_w850
   

 北朝鮮は28日未明、短距離ミサイルを海に向けて発射したと周辺国が発表した。これは北朝鮮による最新の兵器実験であり、最近の韓国との話し合いの申し出の真偽に疑問を投げかけている。

韓国政府は、緊急の国家安全保障会議で、北朝鮮による「短距離ミサイルの発射」に遺憾の意を表明しました。韓国軍は先に、北朝鮮の山岳地帯である北部の慈江道から発射された物体は、北の東海岸沖の海域に向かって飛んだと発表した。

米国インド太平洋軍は声明で、今回の発射は米国の人員や領土、あるいは同盟国に直接的な脅威を与えるものではないと述べています。しかし、今回のミサイル発射は「(北朝鮮の)不正な兵器プログラムの不安定な影響を浮き彫りにしている」とし、韓国と日本の防衛に対する米国のコミットメントは「鉄壁であり続ける」と述べています。

発射の詳細は韓国と米国の当局によって分析されている。しかし、日本の菅義偉首相は、北朝鮮が発射したのは「弾道ミサイルの可能性がある」と述べ、政府として警戒と監視を強化していることを明らかにしました。

弾道ミサイルの発射は、北朝鮮の弾道活動を禁止する国連安全保障理事会の規定に違反するが、同理事会は通常、短距離兵器の発射に対しては新たな制裁を課さない。

今月初めに行われた弾道ミサイルと巡航ミサイルの発射実験は、北朝鮮にとって半年ぶりのものであり、合計8万人の米軍が駐留する米国の主要な同盟国である韓国と日本の標的を攻撃する能力を示していました。

しかし、先週の金曜日と土曜日には、北朝鮮の金正恩委員長の有力な妹である金与正氏がソウルに接触し、条件が満たされれば会談や和解の歩みを再開することに前向きであると述べました。一部の専門家によると、北朝鮮は韓国が米国主導の制裁からの解放を勝ち取るために努力することを望んでいるという。

韓国はこの発言を「意味のあるもの」としているが、北朝鮮に対しては、ライバル国間での協議が整う前に通信手段を回復するよう求めている。

通信回線は約15ヶ月間ほとんど停止したままなので、通信回線の復旧は、北が条件付きの会談の申し出にどれだけ真剣に取り組んでいるかを見極めるための基準となるだろう。ソウル統一省によると、北朝鮮は火曜日、韓国が通信回線を使ってメッセージを交換しようとしても、依然として反応がないという。

今月3回目のミサイル発射がライバル国に探知された火曜日、北朝鮮のキム・ソン大使は国連総会の最終日にスピーチを行い、米国の脅威から身を守るための「戦争抑止力」の開発を正当化した。

「朝鮮半島で新たな戦争が勃発する可能性が抑えられているのは、米国が朝鮮に情けをかけているからではなく、軍事侵攻を試みた敵対勢力を制圧できる信頼できる抑止力をわが国が育てているからだ」とキムは述べた。DPRKとは、北朝鮮の公式名称である朝鮮民主主義人民共和国のことです。

北朝鮮は、韓国の文在寅大統領が朝鮮半島の平和を促進するために、1950年から53年までの朝鮮戦争を終結させるための宣言を再度求めていることに反発して、今回の行動に出た。ソウルの政府関係者は、このような宣言は「政治的」かつ「象徴的」なステップであると説明しています。というのも、朝鮮戦争を正式に終結させるためには平和条約の締結が必要であり、休戦で終わった朝鮮半島は技術的には戦争状態のままだからです。

朝鮮戦争は、韓国と米国を中心とする国連軍が、北朝鮮と中国を相手に3年間にわたって繰り広げられ、100万人から200万人の犠牲者を出しました。文大統領は先週の国連での演説で、終戦宣言を南北朝鮮、米国、中国の間で署名することを提案した。

火曜日の北朝鮮の発射後、文大統領府によると、文大統領は政府高官に対し、北朝鮮の最新の兵器発射とこれまでの攻撃を包括的に検証した上で、対策を立てるよう指示した。

米国主導の外交努力は、経済的・政治的利益と引き換えに北朝鮮に核兵器を放棄させることを目的としており、2年半にわたって停滞している。米政府高官は繰り返し、さらなる話し合いへの期待を表明していますが、同時に、北朝鮮が非核化に向けて具体的な措置を取るまでは、長期的な制裁措置を継続することも明らかにしています。

北朝鮮は短距離兵器の実験を行い、核兵器の開発を続けることを宣言していますが、金正恩氏はアメリカ本土に到達可能な長距離兵器の実験をモラトリアムとして維持しており、将来のアメリカとの外交の可能性を維持したいと考えているようです。

     







【海外の反応1】

・なつかしー



【海外の反応2】

あくび中。注目を浴びたい子供のようだ。

東京に対しては十分な射程距離があっても、アメリカはグアムやアメリカ本土に射程距離がない限り、気にしないよ。




【海外の反応3】

・リトルロケットマンがまたやってくれた。信じられない。




【海外の反応4】

ちっ、ちっ。いじめっ子はいじめっ子なんだよ。

彼らはアフガニスタンの凶悪犯が今、国際的な報道で注目されていることに嫉妬しているに違いない。


うんざりだ。



【海外の反応5】

・北朝鮮の脆弱な経済は、コロナウイルスの流行、制裁、自然災害などが重なり、最近は大きく後退しています。

この記事では、北朝鮮の中央集権的な指令経済という、驚くほど哀れな現実についてはどこにも触れられていない。開発、食糧生産、生活水準のいかなる測定可能な成長よりも、防衛ベースの経済にGDPを優先させるという奇妙な決定をしたのでしょうか?

大失敗です。



【海外の反応6】

・北朝鮮は、海との終わりなき戦いで新たな打撃を与えた。




【海外の反応7】

・"私に注目してください!!!! WAAAA!!!!!"






【海外の反応8】

小太りのロケットマンが注目を集めている。




【海外の反応9】

・北朝鮮にとっての花火のようなものですね。




【海外の反応10】

・北朝鮮はなぜ次々とミサイルを発射するのか?もう一度、外の世界から注目されるため?アフガニスタンや太平洋に注目が集まりすぎて、自分たちが軽視されていることに不満があるのだろうか。そうだとしたら何を騒いでいるのだろうか。

安倍晋三元首相は、日頃から「北朝鮮は危険な国だ」と言い続けていた。何か意図があってのことだったのだろうか。

北朝鮮のミサイル試射は、違憲であっても日本が軍備増強に踏み切る正当な理由になることを知らなければならない。




【海外の反応11】

・アメリカか韓国に、このミサイルが爆発したら撃墜してもらいたい。




【海外の反応12】

・北朝鮮はいったい何をしようとしているのでしょうか?



【海外の反応13】

・私たちは第二次朝鮮戦争に備える必要があるのだろうか?




【海外の反応14】

・狂気の沙汰を止めて。




【海外の反応15】

・今のところ、毎日何千発ものミサイルを海に向けて発射しても、誰も気にしていません。もはやニュースですらありません。





【海外の反応16】

・それよりも驚いたのは、北朝鮮のミサイル実験がいまだに日本のメディアのヘッドラインになっていることだ。







以上翻訳元 North Korea fires suspected ballistic missile into sea - Japan Today