エンゼルスの大谷翔平投手(27)は19日(日本時間20日)、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「2番・投手」の二刀流で先発。1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来103年ぶりとなる「同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打」に挑戦したが、自己最長タイとなる8回を投げ5安打10奪三振2失点で降板。快挙は持ち越された。チームは9回、同点に追いつき、大谷に負けはつかなかった。延長10回に勝ち越しを許して3連敗を喫した。

 初回は2番、3番を連続で空振り三振に仕留めるなど3者凡退で上々の立ち上がりをみせ、4回まで毎回の6奪三振を記録。一方で3回に先頭のゴームズに中堅左へ先制のソロ本塁打を打たれると、4回にも1死後、1打席目に二塁打を打たれた6番チャプマンに、同じく中堅左へ運ばれ2点目を許した。

 5回は初回以来の3者凡退に抑え、6回も1死後に安打を許したが、併殺打で切り抜けた。7回は3者連続奪三振。8回は四死球だけで1死満塁のピンチを背負ったが、最後はチャプマンを空振り三振させて無失点でしのいだ。

 打席では初回の第1打席が四球、3回は2死二塁の好機で回ってきたが敬遠された。6回は先頭打者で登場し、5回まで1安打のチームの流れを変えようと、セーフティバントを試みたが結果は投ゴロに終わった。8回の第4打席は空振り三振。2打数無安打で8試合連続ノーアーチとなった。

大谷 8回2失点10K力投も10勝目ならず 偉業達成はお預け 負けはつかず― スポニチ Sponichi Annex 野球













【海外の反応1】

・OK、ゲレーロjr. 君のピッチの番だ。
見てみよう。



【海外の反応2】

・44本のホームランを打ち、10個の三振を取れる選手は何人いるんだろうか?




【海外の反応3】

・デグロムとカーショウは投手を辞めても1HRも打てないだろう。




【海外の反応4】

・負けた試合を勝ったように見せることができるのは、ショウヘイだけ。
彼は非現実的だ。




【海外の反応5】

・今日の翔平のスプリッターはエグかった。

┗・まるでアニメの必殺技のよう。スプリッターのjutsu





【海外の反応6】

・大谷が腕を痛めているとは思えなかったけどなぁ。




【海外の反応7】

・大谷選手は本当によくなった。
彼は自分の投球を最小限に抑える方法を学んだ。




【海外の反応8】

・劇的な試合だったね。
大谷は素晴らしかったけど、エンジェルスは彼をサポートするのが遅かったわ。
彼が投手の時はいつも、試合が面白くなるよ。
彼がMVPであることは間違いない。



【海外の反応9】

・大谷はゲームのどの面においてもエリートクラスではなく、
ブレーク後は最悪の打者の一人となった。私のMVPではないね。



【海外の反応10】

・ゲレーロjr.とのMVPレースについての議論は意味はない。絶対に大谷。




【海外の反応11】

・1シーズンで100個の三振を奪った投手は、6,000例以上ある。
打者が40本の本塁打を打った例は351件ある。
大谷翔平はMLB史上唯一、1シーズンでその両方を達成した選手だ。

よって大谷選手 > ゲレーロjr.選手




【海外の反応12】

・大谷選手は、「野球選手」が残せるすべての記録のトップにランクインしている。




【海外の反応13】

・打者と投手の両方の記録を持っている選手とどちらが優れているかを議論するのは正気の沙汰ではない。RBIやERAで上位にいるかどうかも関係ない。明らかに、彼はMLBで最高の打者であるだけでなく、最高の投手でもあるのだ。






【海外の反応14】

・もし彼がノーヒットノーランとホームランを同じ試合で行うことを想像できますか?


┗近い将来、実現しそうだよね。


┗彼が同じ年にALのMVPとサイ・ヤングを獲得することを想像できますか?🤯🤯🤯🤯🤯。






【海外の反応15】

・彼が勝利して今年10勝目を迎えることを願っていたが、エンゼルスは彼に援護射撃をすることができまなかった。いつもは8回2失点で十分なんだが今日はそうはいかなかったみたいだ。





【海外の反応16】

・打撃不振の時にマウンドに上がって投げられる選手がどれだけいるか...MVPですね。





【海外の反応17】

・8回2失点、10Kは完璧だった!





【海外の反応18】

・大谷選手は好きですが、負けた時に輝いていたと言うのはおかしいですね。Go A's(アスレチックス)




【海外の反応19】

・そしてもちろん、エンジェルズからのランサポートはない。




【海外の反応20】

翔平は、フルシーズンの二刀流で体がどう反応するかという点で、間違いなく未知の領域にいる。マドン監督とトレーナーは、彼のエネルギー、回復、消耗に細心の注意を払っているね。ルース以来、このような選手に対処しなければならないチームはない。

冷たい温泉に入ったり、マッサージをしたり、筋肉や腱、靭帯、関節のために特別な食事をしたりすることを、シーズン中ずっと続けなければならないのだ。




【海外の反応21】

・今日は大谷選手のスプリッターが素晴らしかったのでピンチが救われた。
次の機会には
ベーブ・ルース以来の記録を目指してほしい。




【海外の反応22】

・球の半分はスプリッターで、最後には100マイルも投げていた。 WOW。 本当にWOW




【海外の反応23】

各候補者の動画再生回数を確認すると、誰が「最も価値ある選手」なのかが一目瞭然ですね。




【海外の反応24】

8回、ファンが「MVP!」と叫ぶ中、彼を見て鳥肌が立ったよ。 爆発するかと思ったけど、なんとか三振にしてくれた。
大谷選手が10勝目を挙げられなかったのは残念だけど楽しみにしてる。GO SHOHEI!






以上翻訳元 8 innings, 10 Ks! Shohei Ohtani shines on the mound against the A's! - YouTube