◇ア・リーグ エンゼルスアストロズ(2021年9月10日 ヒューストン)  エンゼルス・大谷翔平投手(27)が10日(日本時間11日)、敵地でのアストロズ戦に「2番・投手」で先発。今季18度目の投打同時出場で、初回に4試合ぶりの本塁打となる44号アーチを放った。 【写真】鈍感力もすごい!ベルトがよじれたまま打席に入る大谷  第1打席でアストロズ先発の左腕・バルデスの投球をとらえた。フルカウントからのシンカーをやや詰まりながらも右翼席へ運んだ。打球速度は114・7マイル(約184・6キロ)で、飛距離は368フィート(約112・2メートル)、角度は22度だった。  バルデスとは今季初対決で、通算では11打数1安打と苦手にしていた。42本で次点に迫るゲレロ(ブルージェイズ)、ペレス(ロイヤルズ)に2本差とした。3回の第2打席は四球だった。  勝ち投手となれば10勝目となり、1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」達成する。  今季ここまでの打撃成績は133試合467打数120安打93打点、43本塁打23盗塁、打率・257。

  







【海外の反応1】


・アストロズを応援するファンでさえ、この男は非常識に見える





【海外の反応2】

・この男は1つの体に2つの魂を持っているんだ。
まるで遊戯王でファラオ・アテムの魂が武藤遊戯と呼ばれる子供と体を共有しているようにね。




【海外の反応3】

・彼にはもっとたくさんのランサポートが必要だった...。




【海外の反応4】

・翔平と大谷は実は双子の兄弟なんだよ、よく見たら違いがわかるよね




【海外の反応5】

・大谷選手がアウェーの公園でホームランを打っても...そのボールは投げ返されません😆


┗・投げ返すのが普通なんですか?私は野球初心者なのでよくわかりませんが・・・。


 ┗・いつもではありませんが、相手チームのファンが自分のチームへの信頼を示すために、アウェーチームのホームランボールをフィールドに投げ返すのを時々目撃します。


 ┗・それは、そのHRボールを打った人と相手によります。

 
 
・取っておくとバカにされ、後で投げ返すとバカにされる。最近の社会は....

 
 
・私は野球の最高のシーズンの一部であるホームランボールを投げるつもりはありません。 誰かがそのボールを買い取ってくれるだろう。 🤣




【海外の反応6】

・彼は野球の怪物だ、絶対に狂っている




【海外の反応7】

・20年前の私「パパ、どうしてピッチャーはホームランを打てないの?」

「昔、ベーブ・ルースという人がいてね。100年に一度しかないんだよ。理由は聞かないでね」




【海外の反応8】

・翔平は大谷にランサポートをしただけなのに、それがかわいい



【海外の反応9】

・大谷選手 !!!! Yes!! Oh yes!!、お疲れ様でした。
今シーズン終了後、彼が再びプレーするまで半年間待たなければならないと思うと...。悔しい



【海外の反応10】

・彼がプレーしているときの観客の熱気は、
特に彼が投手を務めた日には目を見張るものがある。



【海外の反応11】

・もし、大谷がエンジェルにいなかったら、オリックスと同じ成績になっていたかもしれない。

 

【海外の反応12】

・ダグアウトで待つイギーが恋しい

 
・イギーはあまり良いパフォーマンスをしてなかったけど、エンゼルスがプレーオフに進出していないことを見ると、彼をキープしておくべきだった。
彼は素晴らしいMVPの応援団だ。



【海外の反応13】

・大谷選手には、イチロー選手のように長く活躍してほしいですね。

アメリカのスポーツ界にはもっとアジア人のスーパースターが必要です。



【海外の反応14】

・毎日新しい歴史を作っている!!!


【海外の反応15】

・このままプレイを続けていれば彼は間違いなく殿堂入りするだろう。


・この1シーズンだけでも殿堂入りできると思う



【海外の反応16】

・そして・・・またしても相手の観客が彼のホームランを応援する笑
 
・バルデスもひそかに応援していたのでは😆



【海外の反応17】

・簡単なスイングなのに、早くて力強いですね。
観客席に向かってロケットを発射する時のように、
頬を膨らませていないのが面白いですね。



【海外の反応18】

・これは久しぶりに最高のホームランレースになりそうだな





以上翻訳元 (2) Shohei Ohtani provides his own run support, smashes 44th homer! - YouTube