【海外の反応 】  翻訳の館(仮)

日本に関する記事や投稿、海外ニュースを翻訳してご紹介するブログです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

                                                   

    2018年の大ヒット作『カメラを止めるな!』のフランス版リメイクが、邦題『キャメラを止めるな!』として7月15日(金)より公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルと予告編が完成し、場面写真と併せて解禁された。


    2018年、熱狂的な口コミの広がりによって大ヒットを記録し社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』。海外でも大きなブームとなり、昨夏、第84回アカデミー賞作品賞を受賞した『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督による<フランス・リメイク>の製作が発表されると、クランクイン前から大きな注目を集めた。


    フランス屈指の人気俳優ロマン・デュリス(『真夜中のピアニスト』『タイピスト!』)が主人公となる映画監督役、その妻役としてベレニス・ベジョ(『アーティスト』、『ある過去の行方』)が出演し、オスカー監督とフランス映画界を代表する名優がタッグを組んだ。さらに、現代の映画音楽界を代表するアレクサンドル・デスプラが音楽を担当。恐ろしいほどの本気度で製作された<フランス・リメイク>版は、来月開催される第75回カンヌ映画祭オープニング作品としてプレミア上映される。


    この度完成した予告編は、オリジナル版の冒頭と同じく、ゾンビ映画のクライマックスで監督が女優を罵倒するシーンから始まり、その後も、オリジナル版を彷彿とさせる見覚えのあるシーンが続く…と思ったところで、まさかの大サプライズ。オリジナル版の撮影現場を混乱に陥れた最大の元凶であり、観客に強い印象を残したプロデューサー・笹原が登場!


    今回は、オリジナル版である『カメラを止めるな!』での劇中劇「ONE CUT OF THE DEAD」のリメイク企画を依頼するプロデューサーという役どころ。オリジナル版では、30分1カットで描く生中継のゾンビ映画の製作を依頼した笹原プロデューサーだが、『キャメラを止めるな!』は、『カメ止め』の劇中劇が世界中で大ヒットしたという世界で、同じ設定で映画製作を依頼する。つまり、リメイク映画の劇中劇がリメイク企画、という構造となっているのだ。


    コッテコテの大阪弁を話す小柄でおかっぱ頭の女性を前に、フランス映画界の超名優ロマン・デュリスが困惑する姿には、思わずニヤリとさせられる。今回のリメイク企画でも笹原プロデューサーからとんでもない「無茶振り」が飛び出しそうな予感だ。演じる竹原芳子は本作が海外デビューとなる。 予告編のラストでは、いち早く本編を鑑賞した『カメ止め』上田慎一郎監督から、「そうきたか!新たなキャラ、新たなトラブル、新たな展開…。アツアツのリメイクに、本物の涙が溢れ出ました」と惜しみない賛辞を寄せている。


    併せて到着したポスターは、カメラを持ったアロハシャツ姿の監督(ロマン・デュリス)を中心に、斧をもった女優やソンビ姿の俳優らが血まみれ姿で集結。オリジナル版を踏襲したテイストで、ゾンビ映画らしいおどろおどろしさもありながら、ポップで軽やかな、明るいイメージに仕上がっている。


    オリジナルを深くリスペクトしながら、フレンチの笑いと最先端のアートをきかせた、オスカー仕込みの大感動のエンターテインメントとしてリメイクされた本作。その「スーパー進化」に期待したい。 『キャメラを止めるな!』は7月15日(金)より全国にて公開。











    『カメ止め』リメイク『キャメラを止めるな!』7月公開 日本版ポスター&予告編解禁(cinemacafe.net) - Yahoo!ニュース














    【海外の反応1】

    ・これってタランティーノか何か?




    【海外の反応2】

    ・ノーセンス


    【海外の反応3】

    ・40年前のアメリカや20年前のアジア映画の醜いパロディ。


    【海外の反応4】
     
    ・フランス映画ってすごいな、どこに向かってんだろう?


    【海外の反応5】

    ・この道で正しいのか、間違っているのか、よくわからん。


    【海外の反応6】

    ・これは下品に見えるし、血なまぐさいし、笑えないなぁ。


    【海外の反応7】

    ・監督は三池崇史になりたいのかな😂?


    【海外の反応8】

    ・見た目がダサい。ただ、悪いとしか言い様がない。


    まあ、それはそれとして、少なくとも、もう一度この映画を見たいという欲求は湧いてきた。


    【海外の反応9】

    ・配給会社が何を期待しているのか理解できない。なぜなら、この映画が興行的にうまくいく理由がわからないからだ。


    【海外の反応10】  

    ・なんて恐ろしい仕事ぶりだよ。私たちは、古典を犯しただけだ。





    【海外の反応11】

    ・見た目は悪くないだろ。



    【海外の反応12】

    ・この作品に関わったすべての人の恥。


    【海外の反応13】

    ・私にはオリジナルフィルムの方が良く見えますが...。





    【海外の反応14】


    ・『カメラを止めるな!』
    のリメイク版。邦画の配給が良すぎて、叫ぶ暇もなく劇場を出てしまった作品となった。



    【海外の反応15】

    ・俳優たちは完全に気が狂っているように見えるし、台詞はオリジナルにはない下品さを加えている...フランスのマーケティングの天才たちが配給したものだ。


    【海外の反応16】

    ・かなりクレイジーに見えますね👌。




    以上翻訳元 
    COUPEZ ! Bande Annonce Teaser (2022) Romain Duris, Michel Hazanavicius - YouTube

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



                                                



    <エンゼルス11-3レイズ>◇9日(日本時間10日)◇エンゼルスタジアム

    エンゼルス大谷翔平投手(27)が1日で3得点を積み上げ、今季23得点でア・リーグ1位に浮上した。


    まず4回に中前打で出塁し、5番ウォルシュの逆転3ランで生還。6回には2番トラウトとの2者連続アーチとなる5号ソロ、7回には2打席連発となる6号満塁弾。この日は今季3度目の3安打猛打賞、5打点3得点の固め打ちとなった。



    ア・リーグ得点ランクは前日の2位タイから、単独1位に浮上した。2位タイで22得点のトラウトとマイルズ・ストロー(ガーディアンズ)が続く。

    また、21打点は5位タイ、6本塁打は8位タイに浮上。昨季のMVP男がバットでも一気に調子を上げてきた。


    エンゼルス大谷翔平がリーグ得点トップに 2打席連発の5号ソロ&6号満塁弾で固め打ち - MLB : 日刊スポーツ (nikkansports.com)
















    【海外の反応1】

    ・エンジェルスのファンでもないのに、この二人にワールドシリーズで優勝して欲しいくらいだよ。




    【海外の反応2】

    ・トラウトと大谷は投手にとっては悪夢だが、我々にとっては神だ!レッツゴーエンゼルス!


    【海外の反応3】

    ・トラウトと大谷は、私が40年間野球を見てきた中で、最も才能のあるコンビだ。いつかポストシーズンやワールドシリーズで彼らのプレーが見られることを願うばかりだ。


    【海外の反応4】
     
    ・狂ったように才能のある選手のうちの2人だ。同じチームで同じ時期にプレーしているなんて、クレイジーだ。

    【海外の反応5】

    ・今、翔平が満塁ホームランを打ったところだ。今年のエンゼルスは、トラウトの復活、ウォルシュやマーシュといった若手の台頭、投手力の向上と、これまでとは違う様相を呈している。


    【海外の反応6】

    ・翔平がグランドスラムを打ちました!!!この試合2本目のホームランですよ。



    【海外の反応7】

    ・トラウト-大谷。 最高の打撃コンビでありながら片方はサイヤング候補のような投球をしている。

    【海外の反応8】

    私はドジャーファンですが、このエンジェルはLAで最も注目すべきチームだと思います。この2チームがワールドシリーズで対戦することになれば、それはもう大変なことになりそうですよね。



    【海外の反応9】

    ・同じチームに2人のレジェンドがいる。これはすごい



    【海外の反応10】  

    ・10月もこんな感じになるかな。トラウトと大谷がヤンキースとアストロズを相手にホームランを量産し、ワールドシリーズに臨む姿を想像すると......いいなあ。





    【海外の反応11】

    ・エンゼルスはこの2人、特に翔平のおかげで必見のテレビになった。明日も翔平の登板が控えている。早く観たいよ。



    【海外の反応12】

    ・この男は決してあなたを失望させない......スーパーな才能がある。


    【海外の反応13】

    ・メジャーリーグでプレイしてる中で最高の2選手。🙏 生きてて良かった。





    【海外の反応14】


    ブルペンを整備し、20人の投手を起用したことで、エンジェルスはとても燃えている!スター選手たちが、ようやく試合のリードを保つことができる。



    【海外の反応15】

    ・翔平は現在、打者としての得点数でAL首位、投手としての奪三振数でも5位(上の4人は全員あと1回先発している!)
    信じられない。これを見ることができるのは、なんという特権なんだ。


    【海外の反応16】

    ・数年かかったが、エンジェルスの攻撃はついに完全なものになった。




    以上翻訳元 
    Shohei Ohtani hits his FIRST CAREER GRAND SLAM! (In MLB or NPB!) - YouTube













      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



                             
                       
    <レッドソックス0-8エンゼルス>◇5日(日本時間6日)◇フェンウェイパーク


    エンゼルス大谷翔平投手(27)がレッドソックス戦に「3番投手」で今季5度目の先発登板。7回、99球を投げ6安打無四球無失点、11奪三振の好投で3勝目を挙げた。


    打っては第2打席で中安打。8回無死満塁の好機ではグリーンモンスター直撃の適時打を放ち自らを援護するなど4打数2安打1打点だった。


    大谷は「最終的に素晴らしいゲーム。(中盤まで)ロースコアのゲーム。1点もやらないつもりでいきました」と話した。


    歴史あるフェンウェイパークでは初登板。100年以上も前にベーブ・ルースが上がったマウンドに、現在の二刀流が登場。投げて打って躍動した。


    大谷は「素晴らしい球場で好きな球場。来るのを楽しみにしていました。いいゲームができたと思います」と話した。




    大谷翔平「素晴らしいゲーム」7回無失点11Kで3勝目 打っては4打数2安打1打点 - MLB : 日刊スポーツ (nikkansports.com)















    【海外の反応1】

    ・NBAファンだが、大谷の試合は何かすごいことが起こるような気がしてついつい見てしまうよ。




    【海外の反応2】

    ・一生に一度の野球選手。見ていて寒気がする程だ。

    【海外の反応3】

    ・ この人がやっていることを当たり前だと思ってはいけない。


    【海外の反応4】
     
    ・私は、野球はあまり追わずにクリップやハイライトを時々見るだけだった。
    でも、去年から大谷選手にはまっている。あの男はもう伝説だ。

    【海外の反応5】

    ・大谷選手のプレーを見るのは、スポーツ界で最も大きな喜びの一つ。なんという絶対的なレジェンドなんだろう 💪。


    【海外の反応6】

    ・この男はポストシーズンでプレーする資格がある。神様、エンジェルスが今年も健康でいてくれることを願ってる。



    【海外の反応7】

    ・ボストンに住んでいるラッキーな私は、彼の活躍を見るために全試合のチケットを買ったよ。間違いなく今までで最高のお金の使い方だった。例えレッドソックスファンであってもね。

    【海外の反応8】

    ・大谷のピッチングよりも印象的なのは、プレッシャーのかかる状況下で冷静さを保つ能力である。
    この試合、多くのランナーがアウトになり、しかもそれがフェンウェイで行われたのだから最高のパフォーマンスだった。次が楽しみだよ。



    【海外の反応9】

    ・これこそ、野球が必要としているもの。
    一般のファンに野球に興味を抱かせる様な世代交代選手です。
    ボストンでは7回を11奪三振、2安打...
    ちょっと大げさですが、リッキー・ヘンダーソンとノーラン・ライアンが合体したような完璧な野球選手です..........。



    【海外の反応10】  

    大谷2021年:本塁打王を狙う。
    大谷2022年:サイ・ヤング賞を狙う。





    【海外の反応11】

    ・大谷のグランドスラムまであと一歩だった。



    【海外の反応12】

    ・大谷翔平という生きる伝説を見ている。


    【海外の反応13】

    ・この男は実際にトラウトよりも優れている...
    我々はトラウトをベーブ・ルース2.0だと思っていたが...大谷は全く新しいカテゴリーにいる。
    我々は今、野球界のマイケル・ジョーダンを見ているのだ。





    【海外の反応14】


    7回に自分の背番号を投手得点のスコアボードからレーザーシングルヒットで叩き出すところが好き。



    【海外の反応15】

    ・今シーズン序盤は打撃が安定しなかったが、何故か素晴らしい投球をしている時に打てるのはすごいと思う。大谷は野球界で最も面白い選手だ。


    【海外の反応16】

    ・野球界に旋風を巻き起こした最後の男はボー・ジャクソンだと思う。 しかし、この翔平という男はまた別次元にいる。




    以上翻訳元  
    SHOHEI OHTANI PUTS ON ABSOLUTE SHO AT FENWAY PARK!! (Strikes out 11 in 7 innings, drives in 1 run) - YouTube













    このページのトップヘ